[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
電子デバイス工学特論
Advanced Electronic Device Engineering
 担当者
 Instructor
教授   中山 明芳  前学期 木曜日2時限
教授   山口 栄雄  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
電子デバイス理解のための基礎を受講生自身がしっかりと理解することから始め、固体におけるエネルギーギャップの概念、多数電子の振る舞いを理解するために必要な熱力学を学び、統括的に電子が絡んだ固体物性を理解することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
1.電子デバイス理解のため量子力学の基礎を復習する。

2.簡単なモデルでのエネルギーギャップの存在を理解する。

3.固体を原子や電子の集合体ととらえ、熱力学的な考察から理解する。

4.電子が関わる現象とそれを用いた素子を理解する。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で前後する場合もある。
予習として、事前にポイントを挙げるので、それについて調べてくることが不可欠である。
復習として、講義時に示した内容を更に自分なりにまとめてみることを勧める。
予習と復習には計4時間程度かけることが望ましい。 

担当:中山明芳(前半)・山口栄雄(後半)
1)シラバスの記載事項について確認する。シュレディンガー方程式の導出
2)井戸型ポテンシャル
3)結晶構造
4)自由電子エネルギー
5)エネルギー帯
6)金属、半導体、絶縁体の違い―正孔による伝動
7)半導体における不純物―ドナーとアクセプタ
8)分子運動論と輸送現象
9)エントロピーとエンタルピー
10)結晶格子の熱振動と比熱
11)ホール素子と熱電素子
12)物質の光学的性質1(吸収と反射)
13)物質の光学的性質2(光電効果)
14)ルミネッセンス
 
授業運営 Course Management
前半中山担当分では、指定教科書を使用。
後半山口担当分では、プリントを配付。



 
評価方法 Evaluation Method
授業内容に即した課題に対してレポートにより評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日12:40~13:20

中山:nakayama@ee.kanagawa-u.ac.jp
山口:yamags18@kanagawa-u.ac.jp


 
使用書 Textbook (s)
入江泰三、中西久幸、杉山睦『半導体の基礎 -量子力学・半島体物性からデバイス応用』[工学図書株式会社]2009
J. Fraden,Handbook of Modern Sensors,Springer-Verlag,2004


 
 
 
[前へ戻る]