[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
文化遺産資料学特論
Cultural Heritage Studies 
 担当者
 Instructor
教授   昆 政明  後学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、有形・無形の文化財をどのように捉え、文化遺産として具体的にどのように守り伝え、保存していくべきか、その方法論を身に付けることにある。
 
授業内容 Course Content
この講義では、当日配付する資料に沿って講義を進めていく。特論Ⅰを踏まえ、船との関わりの深い漁撈活動を中心に、どのような事象を「文化遺産」として捉え、どのようにそれらを保護し、次世代へ伝えていくべきか、実物資料と技術的側面を中心にその保存と継承の方法を考える。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で多少前後する場合もある。
予習・復習については、前回の講義内容をもとに行うので、特に復習を十分に行って欲しい。目安は予習復習あわせて4時間とする。
講義内容は各地の発掘事例や文化財保護行政と関連が深いので、ニュースやマスコミ記事に目をくばり、学習内容の予習復習に役立てて欲しい。
01.ガイダンス シラバスの確認と講義内容の概要説明
02.漁撈技術と船①(釣漁①)イカ釣りと川崎船
03.漁撈技術と船②(釣漁②)タラ釣りと川崎船
04.漁撈技術と船③(釣漁③)カツオ釣りと改良船
05.漁撈技術と船④(網漁①)イワシ漁とテント
06.漁撈技術と船⑤(網漁②)ニシン漁とサンパ・ホッツ
07.漁撈技術と船⑥(磯漁①)アワビ漁と磯船
08.漁撈技術と船⑦(磯漁②)コンブ漁と磯船
09.漁撈技術と船⑧(内水面漁業)
10.博覧会資料から見た漁撈技術と船
11.絵画・写真・絵馬資料からみた漁撈と船
12.漁撈技術と漁民の知恵
13.文化遺産の継承① 和船の建造と操船技術の復元
14.文化遺産の継承② 文化財指定された漁労用具と漁船
 
授業運営 Course Management
主に講義形式によるが、テーマによっては受講生の発表および討論を組み込んだ授業を行う。
講義はスライド、動画中心に分かりやすく行う。講義の内容にそったテキストを、当日配布する。予習復習では、特に配付したテキストをもとに、講義の内容を復習してほしい。

 
評価方法 Evaluation Method
授業への参加態度と発表およびレポートにより総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問などは、随時教室で受け付ける。
また、木曜日・金曜日は随時研究室で対応する。
 


 
 
 
[前へ戻る]