[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
民俗宗教資料学特論
- 民俗信仰と多文化共生社会 -
Religious Folklore Studies 
 担当者
 Instructor
教授   佐野 賢治  後学期 金曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
現代社会における大きな不仕合せの一つは戦争と、それに伴う飢餓、病気、さらに難民などの発生だろう。そのまた大きな要因に、民族、宗教問題が横たわる。人々の日常的な信仰、民俗信仰を、固有信仰・民間信仰・民俗宗教・民族宗教に範疇化し、それぞれの性格を論じるとともに、ゼミ参加者がその理解を深めることにより多文化共生への道を、自身の調査、体験・経験の中から探り、発表、報告することにより身近な問題ととして考える。

 
授業内容 Course Content
前期の民俗信仰、固有信仰・民間信仰・民俗宗教・民族宗教論を踏まえ、ゼミ参加者に各自の調査、研究に基づいた発表をしてもらい、その報告に関係する自然崇拝、シャーマニズム、祖先祭祀、葬送他界観、修験道などの個別的分野の学説・研究視点・意義を講じていく。
 
授業計画 Course Planning
 民俗信仰の分野は広く、また対象とする地域、時代、民族もまちまちである。以下の構成で演習を進めるが、予習として、次回のゼミ発表に関する参考論文・参考図書を指示するので必ず読了し、疑問点を整理しておくこと。復習としては、自身が理解できなかった不分明な用語や概念について関係図書、事典などで確実な理解をはかっておくことが求められる。個別発表の報告者は事前にレジュメを準備し、教員の教示を受けて、発表に臨む。発表報告の内容には、自身の調査研究の現況、成果を反映させる事が望ましいし、学位論文の構成との関係も十分に考慮する。発表に当たっては日本常民文化研究所の史・資料なども有効に活用すること。

01.民俗信仰概論
02.固有信仰‐例:自然崇拝
03.民間信仰‐例:シャーマニズム
04.民俗宗教‐例:祖先祭祀と仏教民俗
05.民族宗教‐例:修験道~東巴教(中国・納西族)
06.個別発表とコメント・討論
07.個別発表とコメント・討論
08.個別発表とコメント・討論
09.個別発表とコメント・討論
10.個別発表とコメント・討論
11.個別発表とコメント・討論
12.個別発表とコメント・討論
13.個別発表とコメント・討論
14.総括:民俗信仰と多文化共生社会
 
授業運営 Course Management
ゼミ世話人を決め、発表内容の教師・院生間の連絡、司会者の選定など院生主体の授業運営を図る。留学生も多いため、視聴覚機材の有効活用を図る。また、講義内容の深化をはじめ、院生間の親睦を図るため夏季を中心にゼミ合宿を計画する。
 
評価方法 Evaluation Method
・ゼミ参加(出席平常点)
・ゼミ発表報告

 
オフィスアワー Office Hour (s)
金曜日 12:00~14:30 9号館23研究室 (内線4022)
 

参考書 Book (s) for Reference
佐野賢治『『宝は田から』      』1[春風社]2016
佐野賢治『『ヒトから人へ』』1[春風社]2011
佐野賢治『『虚空蔵菩薩信仰の研究』                     』[吉川弘文館]1996

 
 
 
[前へ戻る]