[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学特論
Advanced Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   松本 安生  前学期 月曜日5時限
教授   吉澤 達也  前学期 月曜日5時限
教授   渡部 かなえ  前学期 月曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
心理学分野、スポーツ健康学分野及び社会学分野からなる人間科学に関する幅広い視野と、高い専門性を身につけることを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
心理学分野、スポーツ健康学分野及び社会学分野から人間科学を展望するオムニバス科目である。博士前期課程において人間科学に関する具体的な研究を遂行し、修士論文を完成するまでの過程の導入段階において、人間理解に対する幅広い視野を培い、高い専門性を身につけた高度職業人となるための総合的な知識基盤および方法論を獲得することができるよう、包括的な講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
吉澤達也、5回
 広く人間に関わる事象を研究する人間科学において心理学は特に人の心や行動を明らかにしようとする学問である。本講義では心理学の諸分野を概観し、心理学の全体像を把握するとともに、周辺関連学問領域との関わりについても言及する。
学修においては、各自以下の授業計画に沿った予備学修を行うと共に(2時間)、各回のまとめを行い疑問点を次回までに準備しておくこと(2時間)。
(1)人間科学における心理学:ヒトの発生から成熟に至るまでの比較行動学的特殊性
(2)心理学の諸領域と心理学的研究法
(3)脳の発達と人の行動的発達の諸相
(4)心理学の実践と応用
(5)心理学と他の専門関連領域とのかかわり

渡部かなえ、5回
 人間の身体活動は健康に生きるためにも重要である。健康学の分野からは、ヒトのからだを多角的な視点から捉え見識を深める。また、発育発達から現代人の健康の認識や積極的な健康の獲得など流動的な社会のなかでの健康学を考察する。
学修においては、各自以下の授業計画に沿った予備学修を行うと共に(2時間)、各回毎のまとめを行い疑問点を次回までに準備しておくこと(2時間)。
(1)トレーニングの科学的基礎
(2)健やかな育ちの支援
(3)生涯に渡る健康のマネージメント
(4)病気を進化からみる
(5)地球環境と人類の健康

松本安生、4回
人間の理解にあたって、社会の視点から講義を行う。身体と心を持つ人間は、他者・集団・社会・文化とのかかわりの中で形成される。しかし同時に、そうして形成された人間は他者や集団・社会に働きかけ、社会を形成したり変容させたりする。こうした人間と社会のかかわりについて、以下の項目にそって授業を進める。なお、予習(2時間)、復習(2時間)は参考書などを利用して理解を深めてほしい。
(1)地域社会の構造(ニュータウン開発)
(2)地域社会の自律(分散型エネルギー)
(3)コミュニティ(ソーシャル・・キャピタル)
(4)社会運動(原子力発電所反対運動)
 
授業運営 Course Management
吉澤達也
 各回、資料を配布し、それに基づいた講義の後、討論を行う。

渡部かなえ
 講義の必要性に応じて資料を用意する。各回のテーマごとに活発な討論を行う。

松本安生
 各回、テーマに関連する文献を配布し、受講生による発表の後、全員で討論を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
吉澤達也
 レポート、及び、討論能力により評価を行う。

渡部かなえ
 討論能力やレポート内容に基づき評価する。

松本安生
 レポート及び討論能力により評価を行う。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
吉澤達也
質問等は講義後に受け付ける。

渡部かなえ
月曜日の昼休み、17号館203号研究室。その他はメールで日程調整を行う。

松本安生
質問等は講義後に受け付ける
 
使用書 Textbook (s)
なし。
参考書 Book (s) for Reference
授業の中で適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]