[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学特別研究
Seminar of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   齊藤 ゆか  通 年 火曜日6時限
 単 位
 Credit
4

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本授業では、人間科学研究科のカリキュラム・ポリシー及びディプロマ・ポリシーを踏まえ、行う。
 
授業内容 Course Content
「なぜ、何のためにそのテーマなのか」の問題意識を明確にした上で、各自の計画に沿った研究活動を行う。適宜、学会等で研究発表を行い、視野の拡大と専門分野の深化を図りつつ、自立して研究活動を行うに研究能力を修得する。総合的成果として「修士論文」をまとめる。
 
授業計画 Course Planning
各内容は以下のように予定しているが、受講者の事情により研究手順が変更する場合もあります。とにかく研究テーマ及び計画によって、各自進めてください。

1.テーマの設定(2回)
2.問題意識を明確にする序章(2回)
3.内外の先行研究の所在と精査(4回)
4.既存統計の収集と分析(4回)
5.脚注の利用、図表の作り方と題のつけ方、配置、単位の書き方(1回)
6.引用文献の的確なつけ方(1回)

7.テーマに即した的確な章構成(2回)
8.独自の社会調査の設計(4回)
9.独自の社会調査の実施、整理と分析(4回)
10.結論の導き方(2回)
11.総括 全体を貫く統一感とバランス(2回)

 
授業運営 Course Management
各自で作業を行い、その進捗状況を授業時間内で報告してください。
授業時間内の指摘を踏まえ、追加・修正を行い、次回に合わせて報告します。
予習復習時間は、週4時間とします。

 
評価方法 Evaluation Method
作成したレポート等の水準にそって評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業の前後、及びメールでの質問等は随時。
個別相談は、火・水・金の昼休み及び授業休み中に、
質問・意見や相談を受け付けます。
研究室は17号館332号室
 


 
 
 
[前へ戻る]