[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学特別研究
Seminar of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   衣笠 竜太  通 年 木曜日4時限
 単 位
 Credit
4

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 受講生が、骨格筋の動作機構についての理解をもとに、各自の研究テーマに関する実験を行い、データをまとめ、修士論文の作成に向けた研究基盤を形成することが到達目標である。
 
授業内容 Course Content
 人間の関節の動作機構を明らかにするため、主として人間の生体実験を中心として、場合により屍体の検体実験と動物実験を行う。これらの研究を推進すると共に、日々の研究、論文の検索・読み方、実験法の測定・解析の習得、および研究発表・修士論文の書き方・纏め方などについて直接指導・助言する。予習として、毎回の講義内容に即した作業を予め行う。また、復習として授業時間内の指摘事項や質疑応答を踏まえた修正を行う。
 
授業計画 Course Planning
1. 課題設定I
2. 課題設定II
3. 先行研究の検討I
4. 先行研究の検討II
5. 問題提起と仮説の設定I
6. 問題提起と仮説の設定II
7. 研究計画とスケジュールの策定I
8. 研究計画とスケジュールの策定II
9. 基礎実験手技の修得I
10. 基礎実験手技の修得II
11. 基礎実験手技の修得III
12. 基礎実験手技の修得IV
13. 基礎実験手技の修得V
14. 基礎実験手技の修得VI
15. 基礎実験手技の修得VII
16. 各種データの解析法I
17. 各種データの解析法II
18. 各種データの解析法III
19. 各種データの解析法IV
20. 結果のまとめとグラフ描画I
21. 結果のまとめとグラフ描画II
22. データ討論I
23. データ討論II
24. データ討論III
25. データ討論IV
26. 研究概要の執筆I
27. 研究概要の執筆II
28. 研究概要の執筆III

 
授業運営 Course Management
 実験実習形式とする。
 
評価方法 Evaluation Method
 研究概要の出来栄え60%、発表会でのプレゼンテーション40%を評価し、全体で60%以上のポイントを獲得した学生に単位を認定する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日の昼休み、17号館211研究室(内線4220)へ。但し、アポ無しの時は対応できない場合もあるので注意して下さい。
 


 
 
 
[前へ戻る]