[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会教育特論
Adult and Community Education
 担当者
 Instructor
教授   齊藤 ゆか  後学期 火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本授業の到達目標は、社会教育及び生活・労働・教育に関連する先行研究を精査し、自分の研究との関連を確認する。
 
授業内容 Course Content
受講者は社会教育に関連する専門書、学術論文を読み、その内容を発表する。
 
授業計画 Course Planning
第1回 ガイダンス(各自の問題意識・研究テーマの共有と関連)
第2回 社会教育及び生活・労働・教育に関連する文献・論文の選定
第3~10回 担当者の文献発表及び議論
第11~13回 自分の研究との関連でレポートにまとめ、発表
第14回   総括する

予習復習時間を週4時間程度とする。

 
授業運営 Course Management
演習形式
 
評価方法 Evaluation Method
発表内容(60%)と平常点(40%)でつける。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業の前後、及びメールでの質問等は随時。
個人の相談の必要な人は、
火・水・金の昼休み及び授業休み中に、
質問・意見や相談を対応。
研究室は17号館332号室
 

参考書 Book (s) for Reference
ジョン・デューイ『学校と社会、子どもとカリキュラム』20版[講談社]1998
パウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』10版[亜紀書房]1979

 
 
 
[前へ戻る]