[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学研究法特論
Research Methods of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   平井 誠  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本科目の目的は、地域社会における様々な事象を観察・分析するための手法を理解し、それを研究する様々な手法を習得することである。特に、社会調査において用いられる質的調査について理解することを目指す。この科目を通して,本研究科のカリキュラム・ポリシーに示された「自立して研究活動を行うに足る研究能力を修得」する上で不可欠な調査手法を学ぶことを目指す。
 
授業内容 Course Content
 本科目は、地域社会に関する調査において用いられる様々な手法の特徴について概説するとともに、各種調査を活用した研究例を検討する。
 
授業計画 Course Planning
講義計画は以下の通りであるが、履修者のこれまでの調査経験や専門分野(修士論文の構想)に応じて随時調整する。
予習としては、各講義回で取り上げる調査手法について事前に調べること、復習としては取り上げた調査法が自分の研究にどのように活用できるか具体的に考察することが求められる。予習・復習あわせて各回あたり約4時間を想定している。

  1 ガイダンス
  2 社会調査とは
  3 研究テーマの設定 文献の探索
  4 研究テーマの設定 文献の読解
  5 研究テーマの設定 研究目的と手法の設定
  6 様々な調査法とその事例 聞き取り調査 
  7 様々な調査法とその事例 参与観察
  8 様々な調査法とその事例 ドキュメント分析
  9 様々な調査法とその事例 アンケート調査
  10 調査の準備  調査対象の設定
  11 調査票の設計 聞き取り調査
  12 調査票の設計 アンケート調査
  13 調査計画の策定
  14 まとめ 
 
授業運営 Course Management
課題図書の関連する部分の報告と議論を中心に進める.
受講者は,各自の研究テーマを常に意識し,議論に望むこと.
課題図書は,受講者の調査経験や専門分野に応じて,随時指定する.
 
評価方法 Evaluation Method
レポートによる。レポートの内容は受講者の修士論文の構想や学部時代の調査歴等を勘案した上で講義時に通知する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日4限
研究室:17-302
 

参考書 Book (s) for Reference
講義時に随時紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]