[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築設計特論
Architectural Design
 担当者
 Instructor
教授   石田 敏明  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
地域の計画とデザインについて理解を深めるとともに、都市と建築の計画に必要な諸理論を理解し、それをレポートでまとめ、プレゼンテーションする。
 時代の要請と技術・建築・都市デザインの関係から設計の過程と具体的な空間の実現に向かう・設計過程を理解する。

 
授業内容 Course Content
 都市と建築のあり方やデザインについて、講述し、事例を紹介しつつ、受講者諸君のレポート発表を通して、討論を行いつつ理解を深める。自分の言葉で表現する。(引用はしっかり手続きを踏んで引用する。カットアンドペーストは認めない。)
 
授業計画 Course Planning
01.近代建築から現代建築についての変遷について
02.日本建築学会設計競技の課題を読み解く-1(都市と建築について)
03.日本建築学会設計競技の課題を読み解く-2(都市と建築についての問題点あるいは注目すべき箇所の発表)
04.課題内容についてのレポート課題発表と討論-1(テーマの着眼点について各自が順番に発表する)
05.課題内容についてのレポート課題発表と討論-2(テーマの着眼点について各自が順番に発表に事例研究について意見交換する)
06.課題内容についてのレポート課題発表と討論-3(テーマの着眼点について事例研究と提案の独自性について各自が順番に発表する)
07.課題内容について各自案中間発表1
08.課題内容について各自案中間発表2
09.プレゼンテーション案(最終案)の各自発表
10.課題最終案の発表と講評およびまとめ(各自又は各グループ)
11.ーケネス・フランプトン著「現代建築史」を輪読した上で内容の解読—批判的地域主義・現代建築と文化のアイデンティティーについて
12.批判的地域主義について発表と討論2
13.批判的地域主義について発表と討論3
14.ケネス・クランプトンの「批判的地域主義」のまとめ
 
授業運営 Course Management
各事例につき各自文献を指定しプレゼンテーションし、討議時間を設ける。

 
評価方法 Evaluation Method
現代レポートと発表内容により評価する。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業日の直後研究室にて相談や質問に応じる。

 
使用書 Textbook (s)
ケネス・フランプトン『現代建築史』[青土社]2006年
クリスチャンk・ノベルグ・シュルツ『ゲニウス・ロキ』[住まいの図書館出版局]1994年
近代建築から現代建築までの技法や実践の変遷と思想
参考書 Book (s) for Reference
豊川斎赫『丹下健三 戦後日本の構想者』[岩波新書]
都市と建築を結ぶ思想と技術および実践の足跡
 
 
 
[前へ戻る]