[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築設計特論
Architectural Design
 担当者
 Instructor
教授   曽我部 昌史  前学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本科目の到達目標は、受講生が、実際の建築設計の現場で行われている実務の全体と、建築士の担う役割を、理解し習得することである。
 
授業内容 Course Content
実施設計を視野に入れた建築設計について、総合的に修得することを目指す。具体的な設計プロセスを追いながら、建築士の担うべき役割について確認し、また、まちづくりなど、地域への関わりと建築設計との連携についても講義する。
 
授業計画 Course Planning
講義の流れは以下の通りである。受講の状況を鑑みながら、前後の週の話題を横断するなどの調整を行う。具体的な設計をテーマに進めるので、各回の講義内容を設計に反映させ(復習)、次週のテーマに即した準備を含めた検討を各自ですすめる(予習)。
01.ガイダンス
02.建築士の役割と位置付け
03.ビルディングタイプと建築計画
04.敷地と建築関連法規の扱い方
05.設計条件の整理と建築の構想
06.プレゼンテーションと設計内容の共有方法
07.設計の協働1(構造、設備、建築計画)
08.設計の協働2(ランドスケープ、照明、グラフィック、その他)
09.建築設計図書全体の関係と管理
10.建築と都市との関係のフィードバック
11.ワークショップの方法と実践1(目的と準備)
12.ワークショップの方法と実践2(運営と取りまとめ)
13.プレゼンテーション演習1(第1グループ)
14.プレゼンテーション演習2(第2グループ)および全体のまとめと討議
 
授業運営 Course Management
具体的なプロジェクトの実践を通して、内容の修得を目指す。受講者全体での討議やプレゼンテーションを含む。

 
評価方法 Evaluation Method
プロジェクトへの関わり方や、毎回の討議の内容などから総合的に判断する。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業前後、および木曜日昼休み 曽我部研究室

 


 
 
 
[前へ戻る]