[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
有機金属化学特論
Advanced Organometallic Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   岡本 専太郎  後学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
  本講義の到達目標は、受講生が、有機金属化合物の構造と名称、一般的な反応性を理解し、有機金属化合物の反応や触媒サイクルが図示できる力を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
  この講義では、現在の有機合成化学に欠くことのできない有機金属化合物を用いる合成反応の基礎と応用について概説する。
 下記の分類に従って、それぞれ有機金属化合物の基礎的特徴・体系的分類、合成法と取り扱い法、反応性、合成反応への利用を概説する。
 
授業計画 Course Planning
 講義のより円滑な理解のためには、前回の内容を復習しておくことが望ましい。特に予習は必要ないが、講義中に十分な理解が得られるように、不明点は積極的に質問をすること。

1 講義ガイダンス(シラバスの内容を確認する),第1族-2族有機典型金属化合物:Li、Na、K について学修する
2 第1族-2族有機典型金属化合物:Mgなど(Znもここで) について学修する
3 第3族有機典型金属化合物:Al、B について学修する
4 第4族有機典型金属化合物:Si、 Sn について学修する
5 有機遷移金属化合物:構造・配位子・18電子則 について学修する
6 有機遷移金属化合物:合成および基礎的反応(1)酸化的付加,還元脱離など について学修する
7 有機遷移金属化合物:合成および基礎的反応(2)β脱離,トランスメタル化,不均化など について学修する
8 触媒反応(1):sp2ハロゲン化物,sp2擬ハロゲン化物の酸化的付加を経由する反応/その1 触媒的カップリング について学修する
9 触媒反応(2):sp2ハロゲン化物,sp2擬ハロゲン化物の酸化的付加を経由する反応/その2 クロスカップリング,πアリルPd について学修する
10 触媒反応(3):π錯体、メタラシクロ化合物を経由する反応 について学修する
11 触媒反応(4):カルベン錯体の反応、メタセシス について学修する
12 触媒反応(5):hydrogenetion and related reactions について学修する
13 触媒反応(6):その他の反応 について学修する
14 合成反応への利用:天然物合成、高分子合成および最近の進歩について学修する


 
授業運営 Course Management
 板書と配布資料による講義とそれに関連するHome workを課す。
 資料をdot.campusに収録する場合が有る。
 
評価方法 Evaluation Method
 Home workと講義内容に関するScience reportで評価する。
 出席状況は評価の対象としない
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜,火曜の午前中(居室:23-731)で受け付けるが,平日の在室時はいつでも可能。
 

参考書 Book (s) for Reference
松田勇・丸岡啓二『有機金属化学』[丸善]
佐藤史衛他『合成化学者のための実験有機金属化学』[講談社サイエンティフィック]
山本明夫『有機金属化合物-合成法及び利用法-』[東京化学同人]

 
 
 
[前へ戻る]