[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
有機化学特論
Organic Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   小野 晶  前学期 水曜日2時限
教授   亀山 敦  前学期 水曜日2時限
教授   金 仁華  前学期 水曜日2時限
准教授 赤井 昭二  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は受講者が自ら反応機構を電子の流れ、誘起効果、共鳴効果、立体効果などによって説明できる能力を身につけ、活用することである。
 
授業内容 Course Content
学部で学んだ有機化学を復習し、活用できるように官能基ごとに合成法や反応について演習と解説を行なう。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように計画しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
予習として、該当問題をあらかじめ解答しておく。また、復習としては、解答を間違えた問題や理解できなかった問題に関する事項を学部
教科書によって復習する。

01.講義ガイダンス(シラバスの内容を確認する)、化学結合、酸と塩基
02.アルカン:命名法と配座解析
03.求核置換反応と脱離反応
04.アルケンとアルキン
05.ラジカル反応:アルカンのハロゲン化、アルコールとエーテル(1)
06.アルコールとエーテル(2)、酸化と還元
07.共役不飽和系、芳香族性と芳香族化合物の反応(1)
08. 芳香族性と芳香族化合物の反応(2)
09. アルデヒドとケトン:求核付加、アルドール反応(1)]
(アルデヒドとケトンの合成法、アルコールの付加(アセタールの合成)、アミン類の付加)
10.アルデヒドとケトン:求核付加、アルドール反応(2)
(シアン化水素の付加、アルドール反応、Wittig反応)
11.カルボン酸とその誘導体(1)
 (カルボン酸、カルボン酸ハロゲン化物、カルボン酸無水物など)
12. カルボン酸とその誘導体(2)
 (エステル、アミドなど)
13.エノレートアニオンの化学(1)
14.アミン、まとめ
 
授業運営 Course Management
 4人の教員が分担して講義計画の順序に従って行なう。授業は演習を中心として進め、理解されにくい点や重要と思われるところは適宜、解説していく。
 分担者の最後の回に習熟度テストを行う。

 
評価方法 Evaluation Method
 演習における回答および4回の習熟度テストによって成績を総合評価する。なお、テストにおいて大きな誤りをしている学生には何が理解できていないのかを伝えるので、今後の学習に活用して欲しい。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業中、授業後に質問に答える。また、水曜日3時限と4時限に教授室(小野23-818、亀山23-709、金23-717、赤井23-726)にて行う。
 

参考書 Book (s) for Reference
T. W. G. Solomons, C. B. Fryhle『ソロモンの新有機化学』[廣川書店]

 
 
 
[前へ戻る]