[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
有機合成化学特論
Synthetic Organic Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   岡田 正弘  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本科目では、学生がこれまで学んだ有機化学や化学反応を基盤に、官能基選択的な化学反応や、立体選択的な化学反応、人名反応を理解することで、目的の有機化合物を選択的に合成するための方法論を修得することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
生体分子、高分子、医薬品や化学工業製品などの複雑な化学構造を有する有機化合物を高選択的に合成することを可能とした、最新の化学合成手法、化学合成概念について学ぶ。なお、演習などを通じて、理解度を確認しながら授業をすすめる。
 
授業計画 Course Planning
授業計画
第1回:ガイダンス
第2回:官能基選択的酸化反応
第3回:立体選択的酸化反応
第4回:人名酸化反応
第5回:官能基選択的還元反応
第6回:立体選択的還元反応
第7回:人名還元反応
第8回:官能基選択的炭素-炭素結合形成反応
第9回:立体選択的炭素-炭素結合形成反応
第10回:炭素-炭素結合形成人名反応
第11回:その他の官能基選択的反応
第12回:その他の立体選択的反応
第13回:その他の人名反応
第14回:演習、まとめ
 
授業運営 Course Management
講義計画の順序にほぼ沿って講義を進めていく。この講義では反応が電子の流れによって論理的に説明できることを強調して講義する。
有機化学は暗記科目と思わないように。講義期間中に数回の小テストを行う。

 
評価方法 Evaluation Method
期末試験80%、小テスト20%によって成績を評価する。なお、小テストにおいて受験生の誤りが多かった点等について、授業における解説や宿題を課するので、今後の学習に活用して欲しい。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月~水曜日の5時限に教授室にて行う。講義内容についての質問等は授業終了後にも受付ける。
 
使用書 Textbook (s)
T.W. Graham Solomons他,『第11版ソロモンの新有機化学<Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ>』[廣川書店]

参考書 Book (s) for Reference
松本正勝、山田真二、横沢勉『有機化学反応』[朝倉書店]

 
 
 
[前へ戻る]