[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
無機分析化学特論
Inorganic Analytical Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   小出 芳弘  前学期 木曜日1時限
教授   引地 史郎  前学期 木曜日1時限
教授   本橋 輝樹  前学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義では、受講生が大学院生としての学修を進める上で必要な無機化学および分析化学の基礎を身に着けることを目標とする。無機化学前半では初歩の群論と分子の対称性の理解を目的とする。無機化学後半では金属を含む様々な化合物における化学結合と物性の相関についての理解を目的とする。分析化学では機能性無機材料研究で実践できるようにすることを目的とする。
 
授業内容 Course Content
簡単な分子の対称性と分子軌道との結びつきを学ぶ。分子軌道の概念に基づく化学結合(共有結合・配位結合・金属結合・イオン結合)の解釈を学ぶ。さらにX線回折、中性子回折、電子顕微鏡観察による無機固体化合物の構造解析を学ぶ無機固体化合物の構造解析を学ぶ。講義ではプリントあるいはスライドを使って講義する。
 
授業計画 Course Planning
第1回:ガイダンスおよび授業の進め方の説明 シラバスの記載内容について確認するとともに、講義の内容を概説し理解する。
第2回:分子のかたちと対称要素(対称要素、回転軸と鏡映面)
第3回:群の発生とその記号(点群の表現、点群の見つけ方と命名法、指標表の使い方)
第4回:量子力学と群論(水分子の分子軌道)
第5回:赤外スペクトルと指標表(水分子の振動モード解析)
第6回:共有結合性とイオン結合性(二原子分子の分子軌道)
第7回:配位結合の分子軌道論的解釈(配位子場理論と物性)
第8回:金属結合とバンド理論(固体物質の電気伝導性)
第9回:イオン結合と結晶構造(構造の規則性)
第10回:回折法による結晶構造解析 1(X線回折・中性子回折)
第11回:回折法による結晶構造解析 2(Rietveld法)
第12回:回折法による結晶構造解析 3(無機機能性材料における実例)
第13回:電子顕微鏡による結晶構造解析(透過型電子顕微鏡)
第14回:これまでの総復習およびテスト  

 
授業運営 Course Management
プリントないし板書によって進め、演習問題あるいは課題を解いて理解を深める。
 
評価方法 Evaluation Method
期末試験で評価する。なお授業を4回以上欠席した場合、評価対象外とする。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
特に時間を限定しないが、各担当者の研究室を訪ねて来られたい。
 

参考書 Book (s) for Reference
高木秀夫『量子論に基づく無機化学』初版[名古屋大学出版会]2010

 
 
 
[前へ戻る]