[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
物理化学特論
Physical Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   池原 飛之  後学期 火曜日1時限
教授   上田 渉  後学期 火曜日1時限
准教授 岩倉 いずみ  後学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 この授業の到達目標は、原子・分子の構造と化学結合、化学熱力学、および化学反応速度論に関して、学部で行った基礎を見直すこと、これらに関する知識を大学院レベルまで高めること、およびそれらを応用できることです。
 
授業内容 Course Content
 物理化学は物質の構造・物性・反応性を原子・分子レベルで取り扱い理論を発展させる学問分野です。具体的には量子化学、構造化学、化学熱力学、反応速度論、化学統計力学などに大別されます。本特論では、学部で学んだ量子化学・熱力学・反応速度論などに関する基礎知識について演習を中心とした復習を行い、更にこの基礎知識の応用展開について解説します。
 
授業計画 Course Planning
以下の計画に沿って進行しますが、授業の進行状況により各回の内容は前後することがあります。

予習としては、あらかじめ出された課題を自ら解いてくる必要があります。復習としては、授業で扱った内容、問題の解答などを改めて見直すことで、理解を深めることが必要です。予習・復習合わせて各回当たり約4時間の自己学習を想定しています。

ガイダンス
(1)シラバス記載事項の確認、授業の進め方・教材・予習復習などに関する説明
原子・分子の構造と化学結合
 (2)原子の電子配置とイオン化エネルギー
 (3)水素原子のスペクトルと波動方程式
 (4)共有結合と混成軌道
 (5)原子価結合法と分子軌道法
化学熱力学
 (6)熱力学第一法則と第二法則
 (7)自由エネルギー
 (8)相転移・化学平衡
 (9)溶液と多相平衡
化学反応速度論
 (10)化学反応速度論,化学反応の速度と速度式
 (11)反応機構と速度式
 (12)反応速度の温度依存性
 (13)活性錯合体理論,触媒反応
総括
(14)試験/その後解説と質疑応答
 
授業運営 Course Management
 物理化学は化学の基礎となる重要な学問分野です。学部の授業のみでは物理化学の抽象的概念を十分に理解することは難しいので、出来るだけ具体的な例(演習問題)を用いて解説します。
 原子・分子の構造と化学結合、化学熱力学、化学反応速度論の各テーマにおいて演習問題やレポートを課し、最終回には試験を行います。
 
評価方法 Evaluation Method
 演習問題・課題・レポート等の達成度とテストで総合評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は授業中あるいは授業終了後に受け付けます。
 
使用書 Textbook (s)
白井道雄『物理化学』第三版(実教出版)1995年

参考書 Book (s) for Reference
アトキンス(千原秀昭・稲葉章訳)『物理化学要論-第4版』[東京同人出版]

 
 
 
[前へ戻る]