[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ソフトウェア工学特論
Software Engineering II
 担当者
 Instructor
准教授 内田 智史  後学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 オブジェクト指向設計について理解を深め、その手法について自分の開発するシステムに適用できるようになることである。
 
授業内容 Course Content
 本講では、ソフトウェア開発全般の開発プロセスについて概説し、具体的な演習を通して理解を深める。具体的には、オブジェクト指向モデルをベースとした各種手法であるUMLをはじめ、状態遷移図やペトリネットなどによるモデル化手法を学習する。また、現実のソフトウェア開発の事例なども逐一紹介していく。講義よりも学生主体で発表形式を織り交ぜながら進めていく。そのため、ソフトウェア開発系の論文や新聞記事、雑誌原稿などのテーマから議論を進めることもある。

 
授業計画 Course Planning
 毎回の講義の中で、次回授業内容のポイントを説明するので、各自、予習としてその内容を調べておくことが必要である。

 復習としては、授業内容に関するシステム設計の演習を課すのでその演習を確実に解いてくることが必要である。

 なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

 使用するテキストを用いて、以下の内容で授業を行う。講義だけでなく課題を与える。

 1.ソフトウェア工学の概要(1回)
 2.データフローズによるシステム記述
  2.1 データフロー図の概要(1回)
  2.2 セミナ情報システムの記述例と演習(1回)
  2.3 医療情報システムの記述例と演習(1回)
 3.状態遷移図によるシステム記述
  3.1 状態遷移図の概要と演習(1回)
  3.2 状態遷移図によるセミナ情報システムの記述例と演習(1回)
  3.3 状態遷移図による医療情報システムの記述例と演習(1回)
 4.ペトリネットによるシステム記述
  4.1 ペトリネットの概要と演習(1回)
  4.2 ペトリネットによるセミナ情報システムの記述例と演習(1回)
  4.3 ペトリネットによる医療情報システムの記述例と演習(1回)
 5.UMLによるシステム記述
  5.1 UMLの概要と演習(1回)
  5.2 UMLによるセミナ情報システムの記述例と演習(1回)
  5.3 UMLによる医療情報システムの記述例と演習(1回)
  5.4 UML総合演習(1回)


 
授業運営 Course Management
 毎回出席を取り、課題を提出させる。CあるいはJavaなどのプログラミング言語でプログラミングおよびソフトウェア開発の設計ができることを仮定する。授業内にミニテストを行うこともある。各自、調査や開発をしてもらい、発表会を行う。その際には、ソフトウェア開発に関連する新聞記事や雑誌の記事を織り交ぜながら、意見交換を通して、ソフトウェア開発プロセスについての具体的な理解を深めていく。
 
評価方法 Evaluation Method
授業中の課題(50%)、演習レポート(50%)で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日12:30~13:30 (23-431室)(居るときは常時質問可)。
   あるいはs-uchida@jindai.jpまで(常時)。
 
使用書 Textbook (s)
 情報処理学会編集『ソフトウェア工学演習』第1版[オーム社]2003年


 
 
 
[前へ戻る]