[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
都市計画特論
City Planning 
 担当者
 Instructor
教授   山家 京子  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本科目は、受講生が都市と建築の関係を理解することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 本講においては、いくつかのキーワードをもとに都市と建築の関係について講述する。集団規定等法規は都市に対する建築のあり方の一つの現れと理解できるが、ここでは、建築法規をはじめとして、都市的状況について講述し、都市と建築の関係を理解するとともに、建築法規の確認等確認図書作成にフィードバックすることを目指す。確認申請図書作成における法的条件確認作業等、インターンシップにおける実務経験を補完する性格をもつ。
 
授業計画 Course Planning
1.都市と建築の関係(都市関連法規の理解と修得)
 1)建築基準法における「都市計画区域等における建築物」
 2)建築基準法における「建築協定」
 3)都市計画法における「都市計画制限等」
 4)景観法
 5)地区計画
 6)事例紹介と演習:実施プロジェクト等における法的条件
 7)事例紹介と演習:エスキス
 8)事例紹介と演習:エスキス
 9)事例紹介と演習:エスキス
10)事例紹介と演習:講評

2.今日の都市的状況
 11)グローバリゼーション
 12)情報技術の進展
 13)人口減少に関わる都市と建築の変容
 14)郊外
 
授業運営 Course Management
 講義はPPTスライドと配布プリントを中心に行う。都市関連法規の理解と修得を目的に、実施プロジェクトや建築設計コンペ課題を事例として確認申請図書作成における法的条件の確認と演習を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 レポート課題と授業への取組み状況により総合評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は授業時間の後に受け付ける。その他の時間帯は研究室(8-66A)、またはEメールで(アドレスは授業で通知)。
 

参考書 Book (s) for Reference
 授業の中で紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]