[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築計画特論
Architectural Planning 
 担当者
 Instructor
教授   中井 邦夫  後学期 月曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、1)建築の計画、設計における基礎的認識に関わる、建築構成学の基礎を理解すること、2)構成学に基づいて、様々なスケールを有する建築の空間構成を、建築実例についての理解を深めること、3)構成学的視点を踏まえて、都市や環境一般を読み解く思考方法を理解し、構成学的な思考力を養うこと、である。
 
授業内容 Course Content
 講義では、建築構成学の基礎について、資料とおよび具体的な事例の分析、文献資料の講読等を通して、理解を深める。また、現実の建築や都市空間での観察や調査に基づく分析・検討を行い、それを踏まえた構成学的な分析力と表現力を養うとともに、自ら構成を読み解く手法および計画案の提案を通して、その可能性を検証していく。
 
授業計画 Course Planning
 主として以下の事柄等について論じると同時に、適宜実例紹介と演習を行う予定である。ただし内容や順序が変更されることもあり得る。
 予習としては、1)配布された資料を予め読んでくること。2)分からない用語等について自分で調べてみること、の2点が求められる。また復習としては、講義内容をおさらいし、実例に基づいて理解を深めることを勧める。

1.ガイダンス
2.建築構成学の位置づけ
3.記号論について(1)言語学と建築
4.記号論について(2)修辞
5.建築構成学の基礎
6.「室」による構成
7.「室群」による構成
8.「外形ヴォリューム」による構成(1)用途との関係
9.「外形ヴォリューム」による構成(2)周辺環境との関係
10.「中間単位」による構成
11.「統合」に基づく構成
12.「建築による外部空間」による構成
13.「建築の集合」による構成
14.最終レポート
 
授業運営 Course Management
 教科書に基づく講義の他、各テーマに応じた調査分析・演習レポート等の提出とその発表・質疑。
 
評価方法 Evaluation Method
 提出されたレポートをその内容に応じてA~Dで評価し、それらの合計により総合評価を行う。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問などは授業中か終了直後に受付ける。そのほかは中井研究室(8-67A)で受付ける(月曜2限)。
 
使用書 Textbook (s)
坂本一成ほか『建築構成学』[実教出版]
授業内に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
授業内に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]