[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築施工特論
Building Erection
 担当者
 Instructor
教授   島崎 和司  後学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 土工事から仕上げ工事までの各種工事について、各自で標準仕様書、QC工程図を参考にして施工計画書を作成し、発表を行い、全員で質疑を行うことにより、工事の手順と品質管理手法について理解することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 主要構造形式である鉄筋コンクリート構造、鋼構造を中心として、土工事から仕上げ工事までの各種工事について、各自で標準仕様書、QC工程図を参考にして施工計画書を作成し、発表を行う。その発表と質疑を通して、施工時の品質管理の概要について理解する。また、実際の建設工事を見学し、自分の作成した施工計画書の適否を考える。
 
授業計画 Course Planning
以下の工事項目について、順次発表・討議を行う。担当者以外も、あらかじめ下記の参考書を読んで、該当工事の概要を調べておくことが望ましい。
1.ガイダンス、建設業の現状、見積りと実行予算
2.仮設工事
3.杭工事
4.根切り・山留め工事
5.鉄筋工事
6.型枠工事
7.コンクリート工事
8.鉄骨工事
9.カーテンウォール工事
10.防水工事
11.木工事、各種仕上げ工事
12.各種仕上げ工事
13.各種仕上げ工事
14.現場見学
最終レポート提出
 
授業運営 Course Management
 授業は、各自が作成した施工計画書に基づいて発表を行い、その質疑を行う形式で進行する。
 
評価方法 Evaluation Method
 作成した施工計画書、質疑の内容、最終レポートを総合的に判断して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 木曜日3限1235室 メールアドレス shimazaki@kanagawa-u.ac.jp
 

参考書 Book (s) for Reference
江口清『現場技術者が教える「施工」の本〈躯体編〉』2[建築技術]2007
野平 修、松島 潤『現場技術者が教える「施工」の本〈仕上げ編〉』1[建築技術]2006
日本建築学会『建築施工用教材』
最初の授業で指示する。
 
 
 
[前へ戻る]