[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
システム工学特論
Systems Engineering
 担当者
 Instructor
教授   石井 信明  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義では、システム工学について学修する。以下の内容を学修のテーマとし、受講者が実問題についてシステム工学の数理手法を様々な問題解決に活用できるようになること、さらには、その理解を他者に表現して伝え、互いの理解を吟味する力を養成することを目的とする。
 ①システムズ・アプローチの基礎
 ②確率システム最適化の基礎
 ③問題の分析とモデル化、定式化
 
授業内容 Course Content
 自然および社会は、多くの構成要素とそれらの有機的な繋がりからなるシステムととらえることが出来る。このことから本講義では、システムズ・アプローチの観点からさまざまな分野の問題解決に用いられてきたシステム工学の分析的アプローチと、設計的アプローチを中心に考究する。すなわち、システムとシステムズ・アプローチの概念に触れた後、システムモデリングと問題解決、最適化手法、意思決定システムと管理プロセス、ソフトシステム方法論を取り上げる。また、不確実性を考慮したシステム分析と設計として、生産、交通、通信システムをはじめ、様々なシステムにおいて適用される確率モデル、シナリオプランニングについても議論する。なお講義では、随時、最新の理論と実務における事例を取り上げ、今後取り組むべき研究課題を指摘する。
 
授業計画 Course Planning
授業計画
以下の内容を予定しているが、進捗状況により若干前後することがある。
予習としては、事前に与えられる資料を熟読して講義の討論に参加できるように準備しておくこと。
復習としては、課題の遂行、および、学修した内容について今後実務で活用できるように理解を深めておくこと。

 以下の内容を予定しているが、進捗状況により若干前後することがある。
予習としては、事前に与えられる資料を熟読して講義の討論に参加できるように準備しておくこと。
復習としては、課題の遂行、および、学修した内容について今後実務で活用できるように理解を深めておくこと。
予習・復習として、各回あたり4時間の自己学習を想定している。

第1回:序論 システムとシステム工学 (シラバス記載事項の確認を含む)
第2回:システムの計画と評価(数列とその和による価値評価、ベクトル演算による評価)
第3回:データの統計的解析(データの分析、確率分布と統計的な推測)
第4回:分析的アプローチの考え方(データの分析、統計的な推測によるシステム分析)
第5回:設計的アプローチの考え方(データの分析、統計的な推測によるシステム設計評価)
第6回:システムモデリング(実社会の数学的な表現の工夫によるモデル化)
第7回:確率システムとモデリング(確率分布を用いたシステム挙動のモデル化)
第8回:最適化手法 (1):数理計画法(図形と方程式による解法、導関数の応用による最大・最小値の算出)
第9回:最適化手法 (2):ヒューリスティックス手法(確率分布、数列を用いた手法)
第10回:システムの信頼性(故障の確率分布よる故障率・稼働率の評価)
第11回:意思決定システムと管理プロセス(場合の数と確率による意思決定とリスク評価)
第12回:ソフトシステム方法論
第13回:シナリオプランニング(確率分布と統計的な推測によるシナリオの評価)
第14回:本講義の総括 
定期試験

 
授業運営 Course Management
テキスト、および、配布する資料に基づき、全体での討論、各テーマに関する演習課題やディスカッションを交えながら講義を進める。
 
評価方法 Evaluation Method
授業での討論への参加、貢献度、レポート課題、試験の結果で総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜17:10-18:50(会議などの場合の除く)に23号館532研究室へ。
メールでの質問は、随時受け付ける。
n-ishii@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
室津義定,大場史憲,米澤政昭,藤井進,小木曽望『システム工学 第2版』2[森北出版]2006

参考書 Book (s) for Reference
高橋真吾『システム学の基礎』[培風館]2007
石井信明,宮川裕之『プロフェッショナルを目指すシステム分析入門』[コロナ社]2009
日本プロジェクトマネジメント協会 (編集)『改訂3版 P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック』3[日本能率協会マネジメントセンター]2014

 
 
 
[前へ戻る]