[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
応用化学特論
Applied Chemistry 
 担当者
 Instructor
准教授 岩倉 いずみ  後学期 集中
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 化学反応機構を考えられるようになることを目標とします。
 
授業内容 Course Content
 化学反応機構を考えるうえでは、理論計算を用いる化学反応過程のシュミレーションと、種々の分光分析を用いる安定中間体の同定を組み合わせることが必要です。これらの原理、および応用法を講義します。
 
授業計画 Course Planning
下記内容について順に講義を行います。ただし、時間の関係で若干前後する場合もあります。
予習内容に関しては、事前に資料を配布します。また、授業内容の復習課題としての小論文を提出してもらいます。
第1回:計算化学入門
第2回:経験的分子軌道法・ 密度汎関数法・ab initio計算の比較
第3回:基底関数の選び方
第4回:理論計算を用いた反応機構解析 –最適化構造の計算
第5回:理論計算を用いた反応機構解析 –分子軌道の計算
第6回:理論計算を用いた反応機構解析 –遷移状態の計算
第7回:理論計算を用いた反応機構解析 –分子振動数計算
第8回:理論計算を用いた反応機構解析 –電子吸引基・電子供与基の効果
第9回:理論計算を用いた反応機構解析 –速度論的反応速度と熱力学的反応速度
第10回:理論計算を用いた反応機構解析 –吸電子反応の起こりやすさ
第11回:赤外分光法
第12回:ラマン分光法
第13回:レーザー光とは
第14回:フェムト秒化学(遷移状態分光)
 
授業運営 Course Management
 予習スライドを用いて授業します。実際に理論計算を行なうことで、講義内容が実感できるようにします。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業中に行う課題と、講義終了後に提出される小論文で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 十分に理解できない講義内容については、授業の終了後に質問することが望ましい。居室は23-715。
 


 
 
 
[前へ戻る]