[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
環境化学特論
Environmental Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   井川 学  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 地球規模の環境問題の基礎となる化学現象とその理論について講義する。この授業の到達目標は、受講生が全地球的環境問題の現状とその原因を理解した上で、環境問題理解の基礎となる平衡論と反応速度論、および主要な環境分析法と処理法を理解することである。
 
授業内容 Course Content
 この授業ではプリントを配布し、これに沿って講義する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は次のように予定している。予習としてはあらかじめプリントを読み、分からないことは調べておくこと。復習としては、課題を課すので解いて提出すること。
1. 様々な環境問題の歴史的推移と現況 
2. 平衡および反応速度の基礎
3. オゾン層破壊(成層圏の科学) 
4. 大気汚染(対流圏の科学)
5. 酸性雨およびエアロゾルの科学
6. 温室効果
7. 水圏の科学
8. 水に溶けた成分の溶液内挙動
9. 土壌の科学
10. 環境分析
11. 環境改善技術
12. 膜分離法による環境改善 
13. 環境ホルモンとダイオキシン問題、環境改善のための法体系
14. テスト 
 
授業運営 Course Management
毎回プリントを配布し、それに従って講義する。講義のときに課題を出すことがあるが自分で解いてA4レポート用紙にまとめ、次回の講義開始前に提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
レポートの提出状況と最終回に行う筆記試験によって評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜2限をオフィスアワーとするが、時間を限定するものではないので、質問時には研究室(23-814)に来られたい。
 


 
 
 
[前へ戻る]