[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
近世史料学特論
Early Modern Japanese History 
 担当者
 Instructor
准教授 関口 博巨  後学期 火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
この授業の目標は、受講生が日本近世史ならびに歴史民俗資料学の研究を進めることができるよう、史料の読解能力を取得することである。
 
授業内容 Course Content
 江戸時代の古文書・古記録を史料=テキストとして読解するとともに、資料=モノとして追究してゆく。この授業では、まず江戸時代の古文書・古記録に関する講義を行い、次いで本学日本常民文化研究所の調査資料を読み合わせ、地方文書の世界を探究する(今年度は伊予の二神家文書)。あわせて、前期の近世史料学特論Ⅰに引き続き、くずし字の判読力や内容の理解力を養う。
 
授業計画 Course Planning
以下のような内容を予定しているが、受講生の経験や力量、授業の進捗状況によってはテキストを変更する場合もある。了解のうえで履修されたい。
受講生は講読箇所の予習と復習を行うこと。

01 授業の案内
02 [講義]近世人の表現をめぐる試論
03 [講義]二神種章の歴史意識
04 二神家文書を読む―寛文期
05 二神家文書を読む―延宝期
06 二神家文書を読む―天和期
07 二神家文書を読む―貞享期
08 二神家文書を読む―元禄期
09 二神家文書を読む―宝永期
10 二神家文書を読む―正徳期
11 二神家文書を読む―享保期
12 二神家文書を読む―元文期
13 二神家文書を読む―寛保期
14 まとめ
 
授業運営 Course Management
 2~3回は講義形式。4回目以降の二神家文書の読解は演習形式とし、担当受講生による発表と討議を行う。担当者はレジュメを作成して発表する。ただし古文書初心者で発表が難しい場合は相談していただきたい。
 
評価方法 Evaluation Method
報告内容や授業への参加状況などによって総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日の昼休み、木曜日の3時限に研究室へ。都合により不在にする場合もある。質問などは講義後にも受け付ける(残り時間がある場合)。
 
使用書 Textbook (s)
講義ではプリントを配布する。演習用のテキストは必要部分のコピーを配布する。
参考書 Book (s) for Reference
授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]