[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際文化論(歴史)
International Culture Theory (History)
 担当者
 Instructor
准教授 山本 信太郎  前学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が①現在のヨーロッパの歴史的な成り立ちを理解し、②異文化としてのヨーロッパの歴史的世界への理解を深め、③それらの歴史的知見から、自分たちの社会や文化を相対的に見直す能力を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
この講義では、現在のヨーロッパがどのような経緯を経て成立したかを、歴史学の視点から論じる。まず、ヨーロッパの基層文化となったギリシア・ローマ世界の成立・展開を説明し、それが、その後中世にどのように現在のヨーロッパ諸国家の原型につながったかを論じる。なお、その際、現在のヨーロッパの文化に重要な影響を及ぼしたキリスト教の歴史についても特に留意して講じる。
 
授業計画 Course Planning
以下の順序で講義する予定であるが、進行によっては変更もありえる。予習としては、各回の授業の最後に示される次回予告の内容と指示に基づいて、自分なりの知識収集の努力をすること。また、テキストは使用しないが、それぞれのトピックについては参考文献を指示するので、それらによって講義の内容の理解を深めることが復習として求められる。
01 ガイダンス 異文化としての歴史的世界
02 ギリシアのポリス世界
03 アレクサンドロス大王とヘレニズム世界
04 ローマの地中海制覇と地中海世界の成立
05 ローマ帝国の属州支配
06 ローマ帝国とキリスト教
07 ローマ帝国の滅亡とゲルマン人
08 フランク王国とローマ・カトリック教会
09 イスラーム世界と閉ざされたヨーロッパ
10 フランク王国の分裂とドイツ・フランス・イタリア
11 ヴァイキングの活動
12 十字軍とレコンキスタ
13 アンジュー帝国と百年戦争
14 試験と解説
 
授業運営 Course Management
全て講義形式である。
 
評価方法 Evaluation Method
毎回のリアクションペーパー(70%)と最終授業日の試験(30%)で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜昼休み
17号館420号研究室
 


 
 
 
[前へ戻る]