[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本芸能論A
Japanese Performing Arts Theory A
 担当者
 Instructor
教授   松本 和也  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①日本の近現代演劇についての知見を深め、②映像資料を通じて、実際の舞台の模様を分析的に鑑賞し、③さまざまな演劇の成立事情や方法論を歴史的な条件とともに学び、④以上を総じて、日本のパフォーミング・アーツについて言語化できるようになることである。
 
授業内容 Course Content
日本の近現代演劇について、その史的な流れを軸に概要を講義し、あわせて映像資料などを用いて実際に鑑賞し、批評していく。また、現代演劇については、戯曲や演出などの方法論にも積極的にアプローチし、可能ならば実作者の話を聞く機会も設ける。また、日本のパフォーミング・アーツについて言語化するため、分析の観点や批評の書き方も学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は、一応次のように予定しているが、受講生の興味などの関係で変更することがある。予習としては、演劇論や戯曲などのテキストに目を通しておくこと、復習としては、講義内容と映像資料の関連性や、他のパフォーミング・アーツとの差異や類似点を確認しておくことが望ましい。

01.ガイダンス(授業概要説明)──『幕が上がる』1
02.イントロダクション(演劇の現在)──『幕が上がる』2
03.さまざまな演技のありかた1──大劇場と小劇場
04.さまざまな演技のありかた2──テレビと演劇
05.古典と現代劇の交錯
06.演技・身体とさまざまな演出
07.日本の小劇場の歴史
08.1980-90年代の演劇表現1──主題と言葉
09.1980-90年代の演劇表現2──身体と表現
10.2000年代の演劇表現1──主題と言葉
11.2000年代の演劇表現2──身体と表現
12.現代演劇の現在1──さまざまな創作
13.現代演劇の現在2──鑑賞と批評
14.まとめと2018年のパフォーミング・アーツ
 
授業運営 Course Management
映像資料やパワーポイントを用いながらの講義形式とする。意欲的に映像資料をみることとあわせて、受講生が授業外でも積極的に劇場に足を運ぶことが望ましい。授業では、6月より吉祥寺シアターで上演される、青年団『日本文学盛衰史』(作・演出=平田オリザ)の観劇を必須とし、その批評を執筆する課題を課す(チケット代補助制度あり、詳細は授業時に説明する)。
 
評価方法 Evaluation Method
『日本文学盛衰史』についてのレポート=批評文(30%)と、授業内容に関するワークシート(40%)、授業内試験(30%)とを総合して評価する。 
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜昼休み、研究室にて(メールなどで事前にアポイントを取って下さい)。
 
使用書 Textbook (s)
授業時にレジュメ等を配布する。
参考書 Book (s) for Reference
松本和也『平田オリザ 〈静かな演劇〉という方法』[彩流社]2015

 
 
 
[前へ戻る]