[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本文化論(言語)
Japanese Cultural Theory (Language)
 担当者
 Instructor
准教授 駒走 昭二  前学期 金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①日本語の文字の成立や書記法の変遷に関する基礎的な知識を身につけること、②日本語を単なる手段としてではなく対象としてとらえられるようになること、③書記法が日本文化に及ぼす影響について考えられるようになること、④より豊かな言語生活が送れるようになることである。



 
授業内容 Course Content
 私たちがふだん使用している日本語を一つの文化と捉え、その歴史について概観する。特に文字と書記法に注目し、それらの歴史的変遷を辿るとともに、それらが生み出した言葉遊びの文化についても考察する。また、表現手段によって日本語がどのように異なるのか、そしてそれらが日本語自体をどのように変えてきたのかについても考える。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の都合により、若干前後する場合もある。予習ならびに復習として、各回のテーマに関する身近な例を自ら積極的に収集し、講義内容と絡めて考察することが必要である。
1.ガイダンス(ことばと日本文化)
2.文字とは
3.世界の文字・日本の文字
4.漢字の伝来
5.万葉仮名の誕生
6.平仮名と片仮名
7.新しい書記法の発達
8.使用文字の趨勢
9.漢字制限
10.掛詞・洒落
11.二段なぞ・三段なぞ
12.嘘字・鈍字
13.判じ物
14.まとめ
 
授業運営 Course Management
 テキストは使用せず、毎時間、プリント資料を配付する。随時、コメントシートを提出してもらう。ふだん何気なく用いている日本語を日本文化の一部として積極的に意識してほしい。
 
評価方法 Evaluation Method
 期末試験(80%)と、授業中のコメントシート(20%)による。期末試験は論述形式あるいは記号選択形式で行い、持ち込みは不可とする。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 金曜日3時限目(17-419研究室)

 


 
 
 
[前へ戻る]