[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本文化論(近代文学)
Japanese Cultural Theory (Modern Literature)
 担当者
 Instructor
教授   松本 和也  後学期 月曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
 
到達目標 Target to be Reached
この授業の到達目標は、受講生が、①近代日本の文学作品を通じて、その成立事情や内容・表現の特徴についてふれ、②文学作品こに書きこまれた文化や刻まれた時代性について学び、以上を総合して、③日本文化について考えるための多様なアプローチを身につけることである。
 
授業内容 Course Content
受講生参加型の授業である。この授業では、最低限のレクチャーにつづき、受講生の調査・報告、さらには受講生の問題意識に即したプレゼンテーションによって構成する。今年度は、堀辰雄『風立ちぬ』をとりあげて、小説としての基礎事項の確認、分析・読解に即しつつ、〈世界文学〉〈日本文化〉という観点を意識しながら、さまざまな情報を共有・蓄積しながら、質疑応答・ディスカッションなどを展開していく。
 
授業計画 Course Planning
各回の授業内容は、一応次のように予定しているが、受講生の人数・関心・時間等の都合で、適宜アレンジする。受講生には調査報告(調べ学習)、自主テーマによるプレゼンが課されるので留意すること。予習としては、小説をていねいに読むことが求められる。また復習としては、読書を通じて抱いた疑問を論理的に説明し得るルートを考える思考のトレーニングを積んでいくことが望ましい。

01.授業概要説明
02.イントロダクション(作家・作品紹介)
03.『風立ちぬ』読解のポイント
04.『風立ちぬ』受容のポイント
05.調査報告Ⅰ(作家・作品情報)
06.調査報告Ⅱ(軽井沢・結核)
07.『風立ちぬ』基礎事項の確認
08.『風立ちぬ』のテーマ論Ⅰ(外国文学)
09.『風立ちぬ』のテーマ論Ⅱ(時代背景)
10.自主テーマ・プレゼンⅠ(堀辰雄)
11.自主テーマ・プレゼンⅡ(『風立ちぬ』)
12.自主テーマ・プレゼンⅢ(恋愛)
13.自主テーマ・プレゼンⅣ(死生観)
14.補足とまとめ
 
授業運営 Course Management
講義及び受講生によるプレゼンテーション・資料配布(個人またはグループ)で行う。講義では、作家・作品に関する概説の後、作品読解を複数の観点から行う。作品を読みつつ、〈日本文化〉について語る、考える、書く、プレゼンテーションするなどの実践的な授業となる。なお、私語は厳禁とし、授業に関係のない行為をしている場合は退室してもらう。
 
評価方法 Evaluation Method
定められた授業日に調査報告およびプレゼンテーションを行うことを前提として、質疑・ディスカッションなど授業への参加度(40%)、調査報告(25%)、プレゼン(35%)によって総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜昼休み、研究室にて(メールなどで事前にアポイントを取って下さい)。
 
使用書 Textbook (s)
堀辰雄『風立ちぬ』[ハルキ文庫]2012
詳細は授業時に説明する。
参考書 Book (s) for Reference
適宜、授業中に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]