[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
オペレーションズリサーチ
Operations Research 
 担当者
 Instructor
教授   窪谷 浩人  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①オペレーションズ・リサーチの代表的な手法について知見を得るとともに、②そこで使われている数理的な手法について精通することである。

 
授業内容 Course Content
 企業経営では、ものづくりの現場のみならず間接業務などさまざまな部門において、計画・運営管理に合理的な意思決定が求められる。オペレーションズ・リサーチは、数理モデルや統計学を用いることによって、そのような意思決定を効果的・合理的に行えるようサポートする学問の集大成である。本講義は、オペレーションズ・リサーチの中でも最適化問題の解法を学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。予習は必要ないが、指定教科書の該当箇所に当たり必ず復習をすること。また、復習内容を指定するため宿題レポートを課す回もある。
1.オペレーションズリサーチとは
2.線形計画(1)
   線形計画問題の標準形と解法
3.線形計画(2)
   シンプレックス法
4.線形計画(3)
   シンプレックス・タブロウ
5.線形計画(4)
   2段階シンプレックス法
6.線形計画(5)
   双対問題
7.線形計画(6)
   双対問題の応用
8.ネットワーク計画(1)
   最短路問題
9.ネットワーク計画(2)
   最大流問題
10.ネットワーク計画(3)
   最小費用流問題
11.組合せ計画(1)
   欲張り法
12.組合せ計画(2)
   分岐限定法
13.組合せ計画(3)
   動的計画法
14.まとめ(オペレーションズ・リサーチの諸手法の比較)
 
授業運営 Course Management
 板書を中心とした講義形式で進める。
なお、本講義では、以下のクラス・ルールを定める。
1.私語の禁止
2.携帯電話・スマートフォンを机の上に置かない
3.遅刻してた場合は後方の入口から入室する
4.食べ物不可(飲み物は可)
5.講義運営上必要な指示に従うこと
ルールに不同意なものはあらかじめ履修しないこと。ルールを破った場合には単位を付与しない。
 
評価方法 Evaluation Method
 理解を確認するため筆記試験を実施し、その結果により評価を行います。なお、「記憶」でなく「理解」を評価するため、筆記試験は「すべて持ち込み可」になる予定です。平時より、理解の過程をノートに記録するよう工夫してください。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 時間:水曜日12:20~13:00。場所:6号館6-410研究室。なお、他の時間においても対応できる場合があるので、事前にメールまたは講義の前後に確認することを勧める。メールアドレスは、kuboth01@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
福島雅夫『新版 数理計画入門』[朝倉書店]2011


 
 
 
[前へ戻る]