[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
オペレーションズリサーチ
Operations Research 
 担当者
 Instructor
教授   片桐 英樹  前学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①オペレーションズ・リサーチの基本的な手法を理解するとともに、②数理モデリングの方法とシステム最適化の考え方を身につけることである。

 
授業内容 Course Content
現代のIT化及びグローバル化に伴い、企業を取り巻く環境は複雑化し、不確実さが増大している。本講義では、企業などの経営組織が、不確実性下で合理的な意思決定を行うためのモデリングやシステム最適化に焦点を当て、オペレーションズ・リサーチの手法について学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
予習として、各回のトピックに関係する用語を自分なりに調べてみること、また復習として、講義時に示した理論・知見をできるだけ身近な事例に当てはめて考察することを勧める。

1.オペレーションズ・リサーチ(OR)とは、ガイダンス(シラバス記載事項の確認含む)
2.数理計画(1)最適な生産計画
3.数理計画(2)数理計画問題の解法
4.数理計画(3)シンプレックス法の基礎
5.数理計画(4)最適な人員割当
6.数理計画(5)最適な輸送計画と施設配置
7.ポートフォリオ選択問題
8.有限マルコフ連鎖(1)推移図と推移確率行列
9.有限マルコフ連鎖(2)定常分布
10.待ち行列(1)待ち行列の基礎
11.待ち行列(2)リトルの公式
12.ゲーム理論(1)ナッシュ均衡
13. ゲーム理論(2)囚人のジレンマ
14.まとめと確認テスト
 
授業運営 Course Management
授業時に使用する教材は、毎回配布する。適宜、授業中に演習問題を課す。
 
評価方法 Evaluation Method
欠席3回以下の者に対して、定期試験80%、レポート等20%の割合で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で質問等を受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
なし(資料を配布する)
参考書 Book (s) for Reference
大鹿譲、一森哲男『オペレーションズ・リサーチ』[共立出版]1993
松井泰子、根本俊男、宇野毅明『入門オペレーションズ・リサーチ』[東海大学出版会]2008
伊藤益生『例題で学ぶオペレーションズ・リサーチ入門』[森北出版]2015

 
 
 
[前へ戻る]