[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国言語概説B
Outline of Chinese Linguistics B
 担当者
 Instructor
教授   彭 国躍  後学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が専門的な中国言語学の知識を学び身に付けることである。この授業では、受講生が言語学や中国語学に関する基礎知識を幅広く身につけ、理論的な知見と言語学習に応用できる実践的な知識の両方をバランスよく習得するできるように、講義を行う。日中間の経済と文化交流の場で活躍できる人材の育成を目的とするという中国語学科の教育方針を踏まえたうえで、受講生が現代中国語について、音韻論、語彙論、文法論、意味論、語用論、認知言語学、社会言語学などの分野に関する知識を深く専門的に学べるように、テーマごとに分けて、詳細に解説する。


 
授業内容 Course Content
 中国語の実践能力を高めると同時に、現代中国語について、丁寧な表現、謝罪行為、外来語、概念カテゴリー、擬声語・擬態語、語順問題などの具体的なテーマに分けて詳しく概説する。
 
授業計画 Course Planning
 毎回の授業の前に、予習として、2時間を使って後掲の参考書を読み、文章を理解できるようにし、授業の後、復習として、2時間を使って習ったテーマについてインターネットを使って調べ、その学習内容を長期記憶に変換し、定着できるように課外学習をする必要がある。

1.言語の機能と丁寧さの表現
2.中日敬語表現の比較
3.語用論と謝罪発話行為
4.中日謝罪発話行為の比較
5.中国語外来語の特徴
6.中日外来語の比較
7.言語と世界認識
8.中日概念カテゴリーの比較
9.擬声語・擬態語(擬声)
10.擬声語・擬態語(擬態)
11.世界の言語分類と語順
12.中日語順の比較(1)
13.レポートの書き方の指導、学術倫理規定の教育
14.レポートの提出と現代中国語概説のまとめ

 
授業運営 Course Management
 講義形式とディスカッション形式を兼用する。
 
評価方法 Evaluation Method
授業態度(50%)とレポート(50%)の内容によって成績評価を行う。原則として欠席5回以上の場合、評価の対象外とする。 
 
オフィスアワー Office Hour (s)
時間:月曜、金曜(5限)。
場所:20号館451研究室
質問や相談は授業後その場でも受け付ける。
E-mail:pengg001@cc.kanagawa-u.ac.jp



 
使用書 Textbook (s)
 開講時に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
三宅和子、野田尚史、生越直樹『「配慮」はどのように示されるか』[ひつじ書房(シリーズ社会言語科学)]2012
彭国躍『近代中国語の敬語システム』[白帝社]2000

 
 
 
[前へ戻る]