[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国社会概説A
Outline of Chinese Society A
 担当者
 Instructor
講師   本田 親史  前学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
現代中国社会に関するドキュメンタリーを通して、進行していく中国社会の変化を歴史的な観点を入れながら深く解釈できるようになること、およびそれを通じて中国表象に関するリテラシーをも高めていくための基礎を固めることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
中国社会をめぐる歴史的な文脈ともつながりのあるトピックを選び、これに関するドキュメンタリー映像を適宜解説を加えながら鑑賞する。そしてその内容について受講者とともに検討・議論を行っていく。
 
授業計画 Course Planning
1 イントロダクション―自己紹介など
2 講義―日本における戦後中国「社会」認識の誕生
3 日中関係と残留孤児問題の起源「中国残留孤児の歳月」(1)
4 日中関係と残留孤児問題の起源「中国残留孤児の歳月」(2)
5 社会主義中国のイメージ「村医者・父と子の物語」(1)
6 社会主義中国のイメージ「村医者・父と子の物語」(2)
7 テレサ・テンと日本―中国―台湾
8 「毛沢東の遺産」   
9 昨年50年を迎えた文革「知られざる”負の遺産”語り始めた在米中国人」
10「レッドチルドレン 中国革命の後援者たち 前篇」
11「レッドチルドレン 中国革命の後援者たち 後編」
12 歴史となった一人っ子政策
13 中国社会と宗教「さまよえる中国人の心」
14 試験と解説
学修に役立つ日常の心がけや訓練手法など
 日頃から中国に関する新聞・テレビ報道に留意してほしいが、報道は宿命的に断片的であらざるを得ない。これを補うために授業で紹介するもの以外にも中国に関するドキュメンタリー番組をできるだけ多く視聴していただきたい。都内の単館系映画館でも比較的長期間中国に関するドキュメンタリー映画を上映することもあるので、適宜チェックしていただきたい。
 
授業運営 Course Management
 現代中国社会に関するいくつかのトピックを選び、基本的には映像上映前に解説を行った後に、関連するドキュメンタリー映像を鑑賞していくこととする。まだ中国社会に関するリテラシーのない受講者のために、映像を止めて適宜解説を挿入する形で展開していきたい。なお毎回講義後にはリアクション・ペーパーを提出していただく。これは平常点の素点となるので注意されたい。
 なお講義のトピック、使用する映像やその順序については、その時々の状況や受講者の興味・関心に応じて変わることもある。
 また講義はともすれば教員から学生への一方通行になりがちである。これを避けるために可能な限り毎回ディスカッションの時間を設けるので積極的な参加を望みたい。
 
評価方法 Evaluation Method
平常点50%+試験50%。なお講義を5回以上欠席した者は原則として評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で行う。
メールアドレスを開講時に公開する。
 
使用書 Textbook (s)
直接教科書として使用する書籍はありません。毎回レジュメを配布します。
参考書 Book (s) for Reference
天児慧『中華人民共和国史 新版』[岩波新書]2013年
参考書は直接授業中使用しませんが、余裕があれば読んでおくようにしてください。
 
 
 
[前へ戻る]