[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
音声学
Phonetics 
 担当者
 Instructor
准教授 小松 雅彦  後学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 音声の仕組みを理解し,音声と社会との関わりを知る。特に,①人間がどのように音を発音しているかを理解する。②「ことば」における音の役割と並び方を理解する。③その他の関連知識を知る。
 英語英文学科のカリキュラム・ポリシーに従い,英語学の導入となる授業である。なお、「English Phonetics I, II」とは異なり,発音や聴解能力の向上を目的とした授業ではない。

 
授業内容 Course Content
 音声学と音韻論の入門となる授業である。音声の仕組みを,言語学的な視点から見てみることを目的とする。英語と日本語の例を扱うことが多いが,個別の言語の発音ではなく,一般的な「ことば」の仕組みを学ぶための授業である。調音音声学だけでなく,音韻論や音響音声学も扱う。また,その他の関連分野も扱い,音声と社会との関わりについても考える。後期は,音韻論,第二言語の音韻,音響音声学,その他のトピックを扱う。
 
授業計画 Course Planning
 講義形式で授業を行うが,音声を理解するには,自分で発音し,聞くことが必要である。多くの専門用語が出てくるが,暗記するのではなく,理解することを目的として欲しい。各回の授業内容はおおよそ次のように予定しているが,適宜調整する。

1. 授業オリエンテーション; 前期の復習
2. 音声特徴
3. 音節と音の並び方
4. 音韻現象を探る
5. 同化現象
6. アクセント
7. 中間試験実施、試験に関する補足解説
8. 授業前半のまとめ
9. 第二言語の音韻
10. 音響音声学; 合成音声
11. 英語の標準発音と各種の変種
12. 音の歴史的変化
13. 音声の発達・障害
14. 授業後半のまとめ
   定期試験

【授業外学習(予習・復習等)】授業では要点を説明していくので,詳細は,各自が,使用書等を読み理解すること。使用書のExerciseは,各自で解くこと。毎週4時間程度を目途とする。

 
授業運営 Course Management
 PPTを用いた講義形式で授業を行う。
 dotCampusを利用する。授業時配布資料は,授業後にdotCampusからダウンロード可とする。担当者からの連絡にはdotCampusを用いるので,メールアドレスを登録しておくことを勧める。
 授業中の迷惑行為を禁止する。特に,リスニングの妨げとなる行為は厳禁。退出等の指示に従わない者は,即座に不可とする。

 
評価方法 Evaluation Method
中間試験(50%),期末試験(50%)
 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日10:50~13:30(会議等の時間を除く)
研究室:20-414
 
使用書 Textbook (s)
川越いつえ『英語の音声を科学する』新装版[大修館]2007
第6回の授業までで使用する。
参考書 Book (s) for Reference
服部義弘(編)『音声学』[朝倉書店]2012
Yavaş, M.,Applied English phonology,Blackwell,2006
城生佰太郎・福盛貴弘・斎藤純男(編)『音声学基本事典』[勉誠出版]2011

 
 
 
[前へ戻る]