[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロシア経済論
Russian Economy 
 担当者
 Instructor
准教授 横川 和穂  前学期 木曜日2時限/木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①20世紀のロシア・東欧諸国における社会主義体制の成立と崩壊、体制転換という歴史的経験について理解を深めること、②社会主義と資本主義の経済システムの違いについて比較・考察できるようになること、③ロシア・東欧諸国における市場経済化とその帰結について理解することである。
 受講生には、本講義を通して自らの視野を広げ、世界の経済の歴史的な歩みについて理解し、考える力を養ってもらいたい。そのためにも、国際経済分野の理論的科目や、世界の他のエリアの経済に関する講義と合わせて受講することが望ましい。
 また、後期ロシア経済論Ⅱを履修する予定の者は、本講義を受講しておくことが望ましい。

 
授業内容 Course Content
 この講義では、ロシアおよび東欧諸国の経済について、とくに歴史的な観点からスポットを当てる。20世紀におけるロシアや東欧諸国での社会主義経済体制の成立とその背景、社会主義経済の実態、その問題点、改革から体制の崩壊にいたった動態、体制転換後の市場経済化と世界経済への統合などについて学び、これらの国々の歴史的経験からどのような教訓が得られるのかを考える。
 最近のロシア情勢などについても、授業中に適宜紹介する予定である。
 
授業計画 Course Planning
 各回の授業内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
 授業で使用する資料は事前にドットキャンパスにアップするので、各自それをダウンロードし、予習したうえで授業に臨むこと。また、配布資料には各回の内容に関するQuestionsを提示しておくので、復習としてそれに対する答えを考え、記述してみることを推奨する。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1. ガイダンス
 シラバス記載事項の確認。ロシア経済論で取り上げる範囲、ロシア経済論を学ぶ意義
2. ロシアの歴史と経済
3. 社会主義思想の広まりとロシア革命
4. ソビエト社会主義体制の成立
5. ソ連型計画経済システム
6. 社会主義経済と資本主義経済
7. 社会主義経済の成長と停滞
8. ロシア・東欧諸国の体制転換:ペレストロイカから東欧革命、ソ連崩壊へ
9. 計画経済から市場経済へ:市場移行政策の実施
10. ロシアにおける市場経済化と経済危機:1990年代
11. ロシア経済の回復と安定化:2000年代
12. 世界金融危機後のロシア経済
13. 東欧諸国における市場経済化
14. ロシアの経験から学ぶこと:講義のまとめ。質疑応答

 
授業運営 Course Management
授業はパワーポイントを使用し、講義形式で行う。
授業で使用する資料は前日までにドットキャンパスにアップするので、各自ダウンロードして授業に持参すること。
資料には空欄が設けてあるので、講義を聞いて必要な用語を補充するほか、重要と思われる点についてはメモをとり、復習に役立ててほしい。

 
評価方法 Evaluation Method
定期試験90点(持ち込み不可)、平常点10点。
詳しくは初回の授業で説明する。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日の昼休み、1号館603研究室へ。会議等で不在の場合もあるので、メール予約が必要。メールアドレスはyokogawa@kanagawa-u.ac.jp
なお、質問などは講義後にも受け付ける。


 

参考書 Book (s) for Reference
吉井昌彦・溝端佐登史編著『現代ロシア経済論』[ミネルヴァ書房]2011年
デービッド・レーンほか『国家社会主義の興亡―体制転換の政治経済学』[明石書店]2006年
ポール・グレゴリー、ロバート・スチュアート『ロシア及びソ連の経済―実績と構造―』第7版[青山社]2002年
その他、授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]