[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済法
Economic Law 
 担当者
 Instructor
教授   細田 孝一  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の目標は、学生が独占禁止法を中心とした経済法及び国の行政が企業の活動にどのようにかかわっているかを学ぶことにより、企業法務の基礎を身につけることである。本講義は企業の活動に関連した科目であるので、併せて会社法を履修することが望ましい。
 
授業内容 Course Content
本講義は、経済法の基本法である独占禁止法について、基本的な考え方、私的独占や不当な取引制限(カルテル)などの競争侵害行為、公正取引委員会の法執行手続を説明する。前期の授業では、独占禁止法の基本的理念、私的独占及び不当な取引制限について学ぶ。独占禁止法は抽象的な規定が多く難解な法律であることを考慮して、判例や公正取引員会の審決例を多く取り上げることによって理解を深めるようにしたいと考えている。
 
授業計画 Course Planning
 独占禁止法を学ぶに当たっては、普段から経済の動きや経済制度の変更について関心を持ち、把握に努めることが重要である。予習としては、基本概念について教科書等で確認しておくことが、また復習としては講義で取り上げた事例を経済法判例百選で確認しておくことが重要である。予習及び復習時間は各回あたり約4時間を想定している。

1.シラバスの確認、総論(1)独占禁止法の基本原理
  我が国の経済制度における独占禁止法の位置づけについて
2.総論(2)独占禁止法の歴史と概要
  独占禁止法の歴史と全体的な法体系について説明する
3.私的独占の禁止(1)基本概念
  「私的独占」の基本的概念を学ぶ
4.私的独占の禁止(2)事例研究
  私的独占についての具体的な事例を検討する 
5.基本概念(1)事業者の範囲
  独占禁止法における「事業者」概念を理解する
6.基本概念(2)一定の取引分野
  独占禁止法における基本概念である「一定の取引分野(市場)」を理解する
7.基本概念(3)競争の実質的制限と公共の利益
  主要な独占禁止法違反行為の要件である「競争の実質的制限」の意義を理解する
8.不当な取引制限(1)基本概念
  不当な取引制限(カルテル)とはいかなる行為であるか、各国の規制はどのようになっているか理解を深める
9.不当な取引制限(2)事例研究
  主として、価格カルテル及び入札談合の事例を研究する
10.事業者団体の禁止行為(1)禁止行為の概要
  事業者団体の概念および禁止行為の概要を学ぶ
11.事業者団体の禁止行為(2)事例研究
  事業者団体の違反行為の実例を研究する
12.独占禁止法違反行為に対する制裁(概要)
  独占禁止法違反行為に対する制裁制度の全体系を理解する
13.カルテル・談合に対する制裁(課徴金)および課徴金減免制度を学ぶ
  課徴金制度の趣旨及び厳罰化の傾向を学ぶ
14.カルテル・談合に対する制裁(刑事罰)
  カルテル・談合に対して積極的に刑事罰が科されるようになった背景、およびその問題点を学ぶ

 
授業運営 Course Management
レジュメを事前に配布して授業を進める。受講者の理解を確認するため、講義中に学生に質問することもある。
 
評価方法 Evaluation Method
学期末に論述式の試験を行う。出席状況は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問・相談等は、随時、教室または研究室(17号館414)で受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
川濱昇ほか『ベーシック経済法(第4版)』[有斐閣]2014年

参考書 Book (s) for Reference
舟田正之ほか『経済法判例・審決百選』[有斐閣2017年]

 
 
 
[前へ戻る]