[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
環境社会論
Social Study of Environment
 担当者
 Instructor
教授   松本 安生  後学期 火曜日3時限
講師   町田 小織  後学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が大都市横浜の抱える身近な課題を切り口にして、地域の環境や社会に対する関心を高めるとともに、自分の身の回りの環境の何が問題であり、どのようにしたら解決できるのかを考えられる力を身につけることです。これらを通じて、社会の仕組みや都市の構造だけでなく、身近な地域やコミュニティ、さらには私達のライフスタイルを持続可能(Sustainable)なものへと変革していくことの必要性と重要性について理解することが目的です。
 
授業内容 Course Content
 本講義は横浜市温暖化対策統括本部よりゲスト講師をお招きして、環境未来都市を目指す横浜の現状と課題のほか、企業やNPOとの連携による新たな取り組みなどについてご紹介いただきます。神奈川大学横浜キャンパスが位置する大都市横浜の地域社会や自然環境が今後どのように変化してくのか、またそれにどうように対応していくべきかを、「環境(低炭素社会)」、「超高齢化(モビリティ)」、「文化(横浜ブランド)などをテーマに考えていきます。
 
授業計画 Course Planning
毎回の授業計画として以下を予定していますが、ゲスト講師の都合により変更することもあり得ます。なお、事前に授業内容に関する参考資料を指定しますので、予習として受講生は予め読んでから出席してください。
第1回 ガイダンス
第2回 課題Aの説明(みなとみらい2050プロジェクト)
第3回 グループ作業①(現状の整理と問題の設定)
第4回 グループ作業②(問題の特定と原因の特定)
第5回 中間発表A
第6回 グループ作業③(解決策の検討と提案)
第7回 成果発表Aと振り返り
第8回 課題Bの説明(環境未来都市)
第9回 グループ作業①(現状の整理と問題の設定)
第10回 グループ作業②(問題の特定と原因の特定)
第11回 中間発表B
第12回 グループ作業③(解決策の検討と提案)
第13回 成果発表Bと振り返り
第14回 まとめ

 
授業運営 Course Management
・課題の説明ではみなとみらい2050プロジェクトや環境未来都市の現状と課題について、ゲスト講師による講演を行う予定です。本講義は、「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」の一環として横浜市との協働により実施します。
・予習として、国内あるいは海外における環境都市の取り組みの現状や課題等について調べてみることを勧めます。
・受講者は4~6人程度のグループに分かれての作業及び発表を行います。これらの成果物についてはWeb上に公開し、ゲスト講師などからもコメントを受け付ける予定です。
・作業は講義時間内だけでなく、復習として講義時間外にも個人あるいはグループで補完的な作業を行ってください。
・本講義は横浜市大学単位互換制度における登録講座および高大連携事業に基づく特別聴講学生の受入れ科目とする予定です。このため、他大学の学生や高校生も受講する可能性がありますので留意してください。

 
評価方法 Evaluation Method
以下の視点から総合的に評価を行います。
①個人ワーク提出物(10%)
②グループ作業提出物(20%)
③中間発表・成果発表(50%)
④学生間の相互評価(20%)

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等については講義後に受け付けます。
 


 
 
 
[前へ戻る]