[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
臨床心理学
Clinical Psychology 
 担当者
 Instructor
教授   新田 泰生  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①自己理解をテーマとして、臨床心理学的人間理解をより深く検討すること、②人とふれあうことをテーマとして、臨床心理学的実践をより深く検討すること、③さまざまな現場における臨床心理学的援助実践活動の実際をより幅広く学ぶこと等を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 臨床心理学とは、人の心理的適応、健康、発達、自己実現等を援助するための、心理学的人間理解と心理学的援助方法を、実践的かつ理論的に探究する心理学の一領域である。
 
 本授業は、自己理解、他者理解のための体験学習による、グループワークを多く取り入れる。主体的な受講態度を必要とする様々な心理学的体験実習も実施する。
 
 座学だけに終わらないために、人によっては心理的抵抗感がある場合もある。1回目を必ず出席して、その上で選択することを、お勧めしたい。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は一応次のように予定しているが、進度等の関係で若干変更する場合がある。
 テキストを読んだ上で出席し、討論することを前提にするので、予習として2時間、事前に提示する該当ページをあらかじめよく読んで、討論できるように事前学習をしてくること。
 また復習として2時間、その回に討論・検討したテーマを、日常での身近な自己理解・他者理解・人間理解に応用して検討・考察してみること。

1.自分を知るということI  臨床心理学とは何か 目的と方法 質的研究法 自己分析(キャリア形成)  
2.人とふれあうということI  サイコドラマ グループ・ダイナミックス     
3.臨床心理学的実践活動の実際I  高等学校における臨床心理学的実践活動 登校拒否 統合失調症  
4.自分を知るということⅡ  ボディワーク ゲシュタルト・セラピー
5.人とふれあうということⅡ  家族ロールプレイ 家族療法的視点    
6.臨床心理学的実践活動の実際Ⅱ  大学における臨床心理学的実践活動 コンサルテーション 対人恐怖 
7.自分を知るということⅢ  認知行動療法 認知の歪み 自動思考
8.人とふれあうということⅢ  交流分析1 性格検査 精神分析的視点  
9.臨床心理学的実践活動の実際Ⅲ  産業における臨床心理学的実践活動 過労死 ストレス うつ病 ブラック企業
10.組織を知るということの実践的ワーク    
11.組織を考えるいうことの実践的ワーク    
12.自分を知るということⅣ  論理感情行動療法 イラショナル・ビリーフ  
13.人とふれあうということⅣ  交流分析2 性格検査 
14.授業を振り返っての総括  自分を知るということ、人とふれあうということ、臨床心理学的実践活動の実際のまとめ


 
授業運営 Course Management
 テキスト、資料などの素材をめぐって、二人での対話、または少人数グループでの話し合いを行う。
 話し手は、自分の考えや気持ちを語る体験を通じて、おのずと自己表現について体験的に考えることになる。また語ることを通じて、どのように自分の気持ちや考えが流れていき、時には小さな気づきにいたるなどの、自分の体験過程の流れを感じる機会になるかもしれない。
 聞き手は、話し手の考えや気持ちを聴き、受け入れるようにつとめる体験をする。それにより、聞き手の考えが変化し、時に視野が拡がる経験となることもあるかもしれない。同じ題材に対しても、それぞれに見方が異なると言う頭では知っていたことを、あらためて身をもって体得するかもしれない。
 担当教員は、授業の促進者として、授業全体の運営を見守ると共に、随時必要なコメントを話す。 
 座学だけに終わらないために、人によっては心理的抵抗感がある場合もある。1回目を必ず出席して、その上で選択することを、お勧めしたい。


 
評価方法 Evaluation Method
成績評価基準

授業時における討論、及びレポート等により、総合的に評価する。

討論及びレポート等の内容が極めて優秀で、レポートが90点以上:秀
討論及びレポート等の内容が優秀で、レポートが80点以上:優
討論及びレポート等の内容が要求を満たすもので、レポートが70点以上:良
討論及びレポート等の内容が要求を満たすもので、レポートが60点以上:可

上記のいずれも満たさない場合、レポート等未提出の場合:不可

欠席が3回以上の場合:評価外
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜 12:40~13:20
 木曜 12:40~13:20

研究室の場所  17号館の3階、303研究室
研究室の外線・内線電話  大学代表電話 045-481-5661(内線 4242)
研究室のメール・アドレス  ft101759tw@jindai.jp


 
使用書 Textbook (s)
平木典子他編著『カウンセリングの実習』[北樹出版]1998年
その他文献は、その都度、指示する。
参考書 Book (s) for Reference
その都度、指示する。
 
 
 
[前へ戻る]