[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生涯発達心理学
Life-span Developmental Psychology 
 担当者
 Instructor
准教授 麻生 典子  前学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①乳児期から児童期までの人間の発達過程及び各機能の発達について、生涯発達心理学の観点から系統的に理解すること、②乳児期から児童期までの子どもの適応上の問題と発達援助の在り方を理解することである。
 
授業内容 Course Content
 生涯発達心理学とは、人の受胎から死までの生涯に渡って、人間の心身の発達やメカニズムを研究する学問である。
 前半は、乳児期から児童期までの人間の各機能の発達を解説していく。
 後半は、発達過程の中で顕わになる子どもの社会適応上の問題を解説し、より良い発達援助の在り方を学んで行く。
 
授業計画 Course Planning
 第1回  オリエンテーション:生涯発達心理学とは何か
 第2回  発達の基礎理論
 第3回  身体機能の発達
 第4回  運動機能の発達
 第5回  社会性の発達
 第6回  認知の発達
 第7回  ディスカッション :乳幼児期の生活
 第8回  ことば・遊びの発達
 第9回  小テスト及び解説
 第10回  情動の発達
 第11回  自己意識の発達
 第12回  子どもの発達上の問題
 第13回  ディスカッション :発達障害
 第14回  子どもの発達支援
 進捗状況により講義内容を変更することもある。
定期試験
時間外学習 
 予習及び復習として、1週間に約4時間は、参考図書や配布資料、キーワード、ノートを見直し、基礎的知識をしっかりと理解し、暗記してほしい。また、授業で扱ったテーマで各自関心が高い事柄は、自主的に参考書や論文を読み、発展的に学びを深めること。ディスカッションの演習は、予め予習として、課題となるテーマに関して参考書や研究論文を読み、基本的知識を理解した上で臨んでほしい。演習後のレポート作成は、テーマに関する基本的知識と自己体験、他者意見をしっかりと復習しながら、自分の考えを総合的にまとめ完成させること。
 
授業運営 Course Management
 第7回と第13回のディスカッション後にレポートの提出を求める。第9回はキーワード小テストを行う。授業中の私語とスマートフォンの使用は厳禁とする。質問は授業時と終了後に受け付ける。
 
評価方法 Evaluation Method
小レポート及び小テスト、定期試験の結果によって評価する。講義を4回以上欠席したものは、評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後に教室で、及び水曜日12時45分から13時15分に17号館304にて受けます(会議等の時間を除く)。
 
使用書 Textbook (s)
新井邦二郎 編著『図でわかる発達心理学』福村出版

参考書 Book (s) for Reference
授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]