[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
比較言語文化特殊講義F2
Lectures in Comparative Linguistics and Cultures F2
 担当者
 Instructor
准教授 大川 真由子  後学期 月曜日6時限/水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、「ヨーロッパのイスラーム問題」をさまざまな視点から検討することで、ヨーロッパによるイスラーム表象について理解を深めることである。
 
授業内容 Course Content
 第一段階として、さまざまな立場から書かれた「ヨーロッパのイスラーム問題」に関する論考(「使用書」に挙げられた文献の一部)を講読し、理解を深める。第二段階として、サルマン・ラシュディ事件、預言者風刺画事件、シャルリー・エブド事件など、イスラーム表象の問題を議論しながら、イスラームとヨーロッパの共生の可能性を考える。
 
授業計画 Course Planning
 予習としては、発表者だけでなく参加者も事前にテキストを読んでくること。期末レポートを課すので、テーマに提示される参考文献を積極的に手に取ってほしい。

01. イントロダクション:シラバス記載事項の確認
02. イスラーム世界とヨーロッパの関係史1
03. イスラーム世界とヨーロッパの関係史2
04. 現代におけるイスラーム世界とヨーロッパ
05. サルマン・ラシュディ事件
06. 預言者風刺画事件1
07. 預言者風刺画事件2
08. シャルリー・エブド事件1
09. シャルリー・エブド事件2
10. シャルリー・エブド事件3
11. ヨーロッパにおけるイスラーム・フォビア
12. イスラーム表象をめぐる問題
13. イスラームとヨーロッパの共生
14. レポートテーマ発表
15. 総括

 
授業運営 Course Management
 解説を入れながらテキストを講読し、その後討論をおこなう。テキストについては教員が用意する。「使用書」に挙げられた3冊のほかにも以下の文献を講読する予定だが、履修者の興味関心によって扱うテキストは変更しうる。

高山博 2007 『ヨーロッパとイスラーム世界』山川出版社
酒井啓子 2015 『移ろう中東、変わる日本2012-2015』みすず書房
 
評価方法 Evaluation Method
授業内の講読、議論への参加度60%、レポート40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
前学期/後学期:木曜日12:15~12:45、17号館423号室
授業終了後の質問も受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
竹沢尚一郎(編)『移民のヨーロッパ――国際比較の視点から』[明石書店]2011
トッド、エマニュエル『シャルリとは誰か?――人種差別と没落する西欧』[文藝春秋]2016
ケペル、ジル『宗教の復讐』[晶文社]1992


 
 
 
[前へ戻る]