[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
比較言語文化特殊講義F1
Lectures in Comparative Linguistics and Cultures F1
 担当者
 Instructor
准教授 大川 真由子  前学期 月曜日4時限/月曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、ヨーロッパにおけるムスリム移民の問題を検討することで、イスラームとヨーロッパの関係について理解を深めることである。
 
授業内容 Course Content
 第一段階として、イスラームの基本的考え方を学び、ヨーロッパにおけるムスリム移民の歴史と現状を理解する。第二段階として、内藤正典『ヨーロッパとイスラーム――共生は可能か』(岩波書店)を講読しながら、ヨーロッパ内でも異なる移民政策を採用しているオランダ、ドイツ、フランスを比較検討し、ヨーロッパにおけるムスリム移民をめぐる論点を整理する。
 
授業計画 Course Planning
 予習としては、発表者だけでなく参加者も事前にテキストを読んでくること。期末レポートを課すので、テーマに提示される参考文献を積極的に手に取ってほしい。

01. イントロダクション:シラバス記載事項の確認
02. イスラームの基礎:『イスラームのとらえ方』(東長)
03. ヨーロッパにおける移民の歴史と現状1
04. ヨーロッパにおける移民の歴史と現状2
05. 文献講読:「ヨーロッパ移民社会と文明の相克」
06. 文献講読:「うちと外を隔てる壁とはなにか-ドイツ」1
07. 文献講読:「うちと外を隔てる壁とはなにか-ドイツ」2
08. 文献講読:「多文化主義の光と影-オランダ」1
09. 文献講読:「多文化主義の光と影-オランダ」2
10. 文献講読:「隣人から見た「自由・平等・博愛-フランス」1
11. 文献講読:「隣人から見た「自由・平等・博愛-フランス」2
12. 文献講読:「ヨーロッパとイスラームの共生」1
13. 文献講読:「ヨーロッパとイスラームの共生」2
14. レポートテーマ発表
15. 総括

 
授業運営 Course Management
 解説を入れながらテキストを講読し、その後討論をおこなう。テキストについては教員が用意する。
 
評価方法 Evaluation Method
授業内の講読、議論への参加度60%、レポート40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
前学期/後学期:木曜日12:15~12:45、17号館423号室
授業終了後の質問も受け付ける。

 
使用書 Textbook (s)
内藤正典『ヨーロッパとイスラーム――共生は可能か』[岩波書店]2004
東長靖『イスラームのとらえ方』[山川出版社(世界史リブレット)]1996


 
 
 
[前へ戻る]