[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
公共の新しいかたちをもとめて
- ジェンダー -
Reorganizing the Public and the Private - State,Market,Family and Civil Society 
 担当者
 Instructor
講師   古居 みつ子  前学期 水曜日2時限
  後学期 水曜日2時限
講師   山本 千晶  前学期 水曜日2時限
  後学期 水曜日2時限
講師   吉田 洋子  前学期 水曜日2時限
  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 ジェンダーの視点から国家・社会・家族、そして個人の関係を問い直し、自分が生きている(生きていく)世界や、学ぶ学問の世界を、これまでとは違った見方で、見たり考えたりすることができるようになることができるようになることが目標です。
 本講義では、複数のトピックスの内容をジェンダーの視点で理解し、自らの視点で発展させることを学びます。
 
授業内容 Course Content
 国家、市場、家族、コミュニティ、そして個人の関係は、現在大きく変容しています。その背景には、公や私、あるいは親密さについての新しい考え方や関係が生まれています。でも、私たちが生きている現実の世界や、学んでいる学問の世界では、以前の枠組みのままで制度が構築され、運用されている場合がたくさんあります。

 この講義では、このズレを「ジェンダーの視点」から明らかにし、新しい公共や私についての考え方や関係を学びます。そして、現在私たちが生きている世界や、これから私たちが学ぶ学問の世界を、これまでとは違う見方でみることができるようになることを目指します。

 といっても、難しく考えることはありません。身の回りのことや、大学で学ぶ事柄を題材に、グループ・ワーク等の手法を使いながら、楽しく勉強しましょう。 

 講義では、大学の内外ゲスト講師をお迎えし、お話を聞きます。そこで話される具体的なトピックスについて、グループの中で調べたり、討議したり、発表し、最終的にはコース・エッセイ(レポート)としてまとめてもらいます。また、グループ・ワークでは、ファシリティター(SA・TA)のみなさんにご協力をいただく予定です。

 文系の方も、理系の方も、大歓迎です。

 なお、「公共の新しいかたちをもとめて」は、1ジェンダー、2法律、3政治と、3種類の講義がありますが、これらは、別の講義ですので、ご注意ください。内容的には深く関連していますので、あわせて履修をしていただきたいと思います。

 また、「公共の新しいかたちをもとめて1‐ジェンダー」という同名の講義が水曜1限にありますが、内容が異なりますので、ご注意ください。

 この講義の構想・準備にあたっては、神奈川大学男女共同参画推進室の事業として、神奈川県、横浜市、かながわ女性センター、NPO法人かながわ女性会議、そして神奈川大学ジェンダー研究会の皆さんにご協力をいただきました。

 
授業計画 Course Planning
Ⅰ、導入
 1、イントロダクション
    講義の進め方 
    成績評価について
    ショートエッセイの作成
 2、教科書を使った授業 1
    ジェンダーとは何か。
    何が問題なのか。
 3、教科書を使った授業 2
    性別役割分業、性のダブルスタンダード
   グループワークの方法と実践

Ⅱ、トピックス
4回から14回までの講義では、以下のトピックスに関する講義(講演)と、講演で示されたテーマを文献の講読やグループワークにより深めるための振り返りとを組み合わせて実施します。
 トピックス
   ジェンダーと家族
   ジェンダーと心理学
   ジェンダーとスポーツ
   ジェンダーと法
   ジェンダーと防災
   ジェンダーと政治

Ⅲ、まとめ・・・エッセイ作成に向けて
 15、まとめ
  少グルーブに分かれて、それぞれ選択したテーマに関して、エッセイに向けて議論を深めます。

*講義の順序について
受講生の数や講堂の都合などにより、講義の順番が変更になることがあります。毎回のお知らせに注意して下さい。

*講演と振り返りについて
講演と振り返りの回では、使用講堂が異なります。また、振り返りの回は複数の講堂を用いて実施します。ご注意ください。

*ワークショップの実施
講演の回の終了後、講師の先生を囲んで、担当者・SAなどとともに、ワークショップを実施しています。出席は任意ですが、是非ご参加ください。

*講演の回は、神奈川大学男女共同参画推進室主催連続講演会として、地域や他大学に公開されています。


 
授業運営 Course Management
講義と参加人数に合わせたグループワークとを、有機的に組み合わせて進行・運営します。
随時、リアクション・ペーパーやレポートなどの提出を求めます。
成果物として、コース・エッセイ(レポート)を作成・提出。

注意事項
1,講義の内容や方法(グループワークなど)の関係から、毎回出席することが前提の講義です。
 原則として、欠席は認められませんので、ご注意ください。

2,受講者の人数の上限(75名)があります。


 
評価方法 Evaluation Method
平常点 4割(講義やワークなどへの参加度、ショートエッセイ)
       出席それ自体により得点があるわけではありませんが、全会出席が前提の講義ですので、
       欠席した場合は何らかの方法で補っていただくことになります。
       それが難しい場合は、減点の可能性もあります。

成果物 6割(コース・エッセイなど)
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問は、毎回の講義のあとに受けつけます。

井上匡子
 授業期間中の火曜日12時~13時
 ただし、急な会議などで留守にすることもあるので、注意してほしい。
 Eメールなどで、アポイントメントをとることがのぞましい。
 
使用書 Textbook (s)
広岡守穂・井上匡子・吉田洋子・山本千晶・荻野佳代子他『ジェンダーと男女共同参画』[かながわ女性会議]2015

参考書 Book (s) for Reference
千田・中西・青山『ジェンダー論をつかむ』[有斐閣]2013

 
 
 
[前へ戻る]