[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
応用確率モデル論
Theory of Applied Stochastic Models 
 担当者
 Instructor
准教授 加藤 憲一  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
確率過程論および待ち行列理論の基礎的な概念と性質を修得する。
 
授業内容 Course Content
確率論および確率過程論の有用な応用分野である待ち行列理論について教授する。ランダムウォークの定式化および基本的な解析方法について教授する。ランダムウォークとの関連で待ち行列モデルを確率過程として定式化し、解析方法を修得する。応用の立場から、計算機を用いた確率の数値計算・実験の評価手法についても教授する。
 
授業計画 Course Planning
第1回:ランダムウォーク
第2回:ランダムウォークの解析手法
第3回:対称でないランダムウォークとその応用
第4回:多次元ランダムウォーク
第5回:3次元ランダムウォークの諸性質
第6回:ランダムウォークとブラウン運動
第7回:ブラウン運動の基礎的性質
第8回:待ち行列モデル~離散時間モデル
第9回:待ち行列モデル~M/M/1モデル
第10回:M/M/1モデルの解析
第11回:M/M/1モデルの拡張
第12回:様々な待ち行列モデル
第13回: 計算機
第14回:計算機
第15回:計算機による数値実験とシミュレーション方法

 
授業運営 Course Management
講義形式で全15回行う。
 
評価方法 Evaluation Method
口頭発表の状況、レポートによる。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問等がある場合は講義中に相談すること。
 


 
 
 
[前へ戻る]