[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営学特講
 
 担当者
 Instructor
教授   小山 和伸  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 経済学研究科のカリキュラム・ポリシーに従い、履修者が、技術革新をめぐる現代のハイテク企業に関して、その経営行動の特徴と問題点について理解し、組織におけるリーダーシップの役割を理解することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 現代社会においては、技術革新は研究・開発の段階から生産・販売・普及の階層に至るまで、企業が広く重要な役割を果たしている。こうした背景から、企業が技術革新をめざして主体的な事業活動を展開している姿を、戦略論および組織論のアプローチを以って分析する。特に、我国の代表的な技術集約的企業について、実証的研究を通じて技術革新をめぐる企業行動をモデル化してゆくことを最終目標として掲げておく。
 さらに、最先端技術をリードする企業組織におけるリーダーシップについて考え、組織一般におけるリーダーの役割について検討を進める。
 
授業計画 Course Planning
1.シラバスの確認。『技術革新の戦略と組織行動』輪読、序章 現代企業の行動論理
2.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、1章 事例研究と学説
3.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、2章 研究開発戦略
4.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、3章 技術革新戦略
5.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、4章 組織行動
6.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、5章 R&Dディレンマ
7.『技術革新の戦略と組織行動』輪読、6章 結論
8.『リーダーシップの本質』輪読、序章 リーダーの資質
9.『リーダーシップの本質』輪読、1章 失意の意義
10.『リーダーシップの本質』輪読、2章 合理性のリーダーシップ
11.『リーダーシップの本質』輪読、3章 向上性のリーダーシップ
12.『リーダーシップの本質』輪読、4章 至高のリーダーシップ
13.『リーダーシップの本質』輪読、5章 理念実現へのリーダーシップ
14.『リーダーシップの本質』輪読、6章 結論
15.全体のまとめ
 
授業運営 Course Management
 各回リポーターを決めて、レジュメを作成し報告すると共に、参加者全員によるディスカッションを中心に行う。輪読図書の変更もあり得るが、その場合は事前に連絡する。
 
評価方法 Evaluation Method
 状況とレジュメの出来映え、参加貢献度など平常点による。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月~土 10:00~17:00
 
使用書 Textbook (s)
小山和伸『技術革新の戦略と組織行動』
小山和伸『リーダーシップの本質』


 
 
 
[前へ戻る]