[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
マクロ経済学特講
 
 担当者
 Instructor
教授   玉井 義浩  前学期 火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 近年の動学的/ミクロ経済学的精緻化を志向したマクロ経済学について、カリキュラム・ポリシーをふまえ、その経済学的なエッセンスを学ぶだけでなく、この分野でのオリジナルの修士論文を書くための数学スキルを身につけることを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
 「新しいケインズ経済学」と呼ばれる、近年のミクロ経済学的基礎付けを志向したケインズ経済学の成果を学ぶ。
 1960年代までマクロ経済学の主流であったケインズ理論は、1970年代の合理的期待革命によってその土台に疑問符を投げかけられた。この根源的疑問に応えるためのケインズ派の努力、特に、市場の失敗を考慮し、情報の経済学を含むミクロ経済学の分析手法との整合性を追求する中から70年代から90年代にかけて生み出された成果が、広義の「新しいケインズ経済学」と呼ばれる一連の研究成果である。これらは金融市場や労働市場の諸現象を、ミクロ経済学と整合的で、しかもより現実に近い形で分析することを志向し、そこで打ち出された概念や成果のかなりの部分は、今日、大学の学部レベルの教育課程に取り入れられているだけでなく、官公庁など、現実の経済政策策定の現場に於いても日常的に考慮されるほど、一般化している。この講義では、これら「新しいケインズ経済学」の成果の本質を、その「原典」にあたる(原論文を読む)ことによって理解することを目的とする。
 なお、講義の最初の数回は、原論文を読解するために必要な数学的手法を、できるだけ経済学の文脈に近い形で解説すること、及び、厚生経済学の基本の理解に重点を置く。
 
授業計画 Course Planning
各回の内容は以下を予定している。括弧 ( )内は使用書・参考書のうち、それぞれの回の授業内容に該当する箇所であるので、予習・復習の参考にすること。また、必要に応じて予習・復習用の補助教材を配布する予定である。
なお、各回で取り上げる論文のうち、使用書に所出の論文についてはJSTOR(学内ネットワークからアクセス可能。方法は授業で説明する)にてダウンロード可能である。
1. 経済学の数理的分析の基礎(1):1階の微分・2階の微分と最適化
(神谷・浦井(1996)(=下記「参考書」の和書。以下同様) 6.1節, 6.2節, 7.1節, 7.2節)
2. 経済学の数理的分析の基礎(2):制約条件付き最適化問題
(神谷・浦井(1996) 6.3節, 6.4節, 7.3節, 7.4節)
3. 古典派の第一公準・第二公準と、完全雇用
4. 不完全雇用均衡の厚生経済学的性質
5. 価格の硬直性と経済変動 (1) : メニューコスト理論
6. 価格の硬直性と経済変動 (2) : 独占的競争と総需要外部性
7. 価格の硬直性と経済変動 (3) : 名目価格の硬直性と実質価格の硬直性の関係
8. 価格の硬直性と経済変動 (4) : 実質価格の硬直性と複数均衡
9. 需給法則の不成立:労働市場の例(1) (効率賃金仮説)
10. 需給法則の不成立:労働市場の例(2) (労使交渉による賃金決定)
11. 需給法則の不成立 : 金融市場の例 (1) : 金融取引におけるモラルハザード・逆選択
12. 需給法則の不成立 : 金融市場の例 (2) : 根源的不確実性と金融市場の機能不全
13. 需給法則の不成立 : 財市場の例 : 顧客市場理論
14. 貨幣の保有動機
15. まとめ
 
授業運営 Course Management
 下記使用書・参考書の、上記授業計画の該当箇所を輪読するほか、授業回の内容についての代表的な論文を受講者全員で読み、授業担当者と討論する。この科目はその性質から、理論を積み上げる全プロセスを各受講者が理解することが必要であり、したがって受講者全員が討論に参加することを求められる。
 
評価方法 Evaluation Method
 期末のレポート課題(タームペーパー)による。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 金曜12:00~14:30 1号館7階玉井研究室
 
使用書 Textbook (s)
Gregory Mankiw, David Romer 編,New Keynesian Economics (全2巻),The MIT Press,1991

参考書 Book (s) for Reference
Kiyohiko G. Nishimura,Imperfect Competition, Differential Information, and Microfoundations of Macroeconomics,Clarendon Press/Oxford,1992
神谷和也・浦井憲『経済学のための数学入門』[東京大学出版会]1996年

 
 
 
[前へ戻る]