[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
会計学特講
Accounting 
 担当者
 Instructor
教授   岡村 勝義  前学期 月曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 この講義の到達目標は、履修者が、企業の外部利害関係者への会計情報の提供を目的とする財務会計の全体像を個々の会計問題にも関係させて理解できるようになることである。換言すれば、財務会計に関する個々の会計問題をバラバラに取りあげるのではなく、体系的に一貫して中・上級程度の財務会計論のテキストの内容をマスターすることが本講義の到達目標である。
 本研究科のカリキュラム・ポリシーでは、この講義は、会計諸学科目の中にあって基礎科目に位置づけられているので、本研究科の会計諸学科目としては最初に履修すべき科目である。
 
授業内容 Course Content
 財務会計論は企業を取り巻く外部の利害関係者に対して財務諸表を通じて企業の財務情報を提供する会計領域である。財務諸表にはいかなる情報がいかに処理されて記載されるか、いつ・いかなる形でその情報を提供するか、そしてそのような情報の信頼性がいかに担保されるか、といった問題が、財務会計論において取りあげられる。財務会計論を体系的に理解するためにテキストを通読し、財務会計の個々の問題がどのように関係しているか、どのようなフレームワークになっているかを考察するようにする。このことを通じて、各人の修論テーマの財務会計上の位置づけが理解できるであろう。本講義の履修は会計学特講ⅠBを履修することを前提にしている。
 
授業計画 Course Planning
 財務会計論を体系的に学ぶために、以下の順序で授業を行う。毎回取り上げる授業範囲について、予習しその上でレジメを作成し、授業ではそれを提出する。履修者のうちから任意にレジメを指定して報告を求め、それに基づいて議論しつつ理解を深める。したがって、授業後は、授業中の議論を踏まえて自らのレジメを修正する等の復習をしておくことが、理解を定着させるのに必要である。これを繰り返すことによって、体系的な理解ができるようになる。講義内容は進捗状況によって前後することがある。
1.財務会計の機能と制度(1)
   会計の意義と領域、財務会計の機能
2.財務会計の機能と制度(2)
   企業会計への法規制
3.利益計算の仕組み
   企業活動と財務諸表、複式簿記の構造、利益計算と財務諸表
4.会計理論と会計基準(1)
   会計基準の必要性、会計基準の設定と問題点、演繹的アプローチの展開
5.会計理論と会計基準(2)
   企業会計原則の一般原則、会計情報の質的特性
6. 利益計算と資産評価の基礎概念(1)
   現金主義会計と発生主義会計、発生主義会計の基本原則
7.利益計算と資産評価の基礎概念(2)
   資産評価の基準
8.現金預金と有価証券(1)
   資金運用活動の資産と収益、現金および預金、有価証券
9.現金預金と有価証券(2)
   デリバティブとヘッジ会計、キャッシュ・フロー計算書
10.売上高と売上債権(1)
   営業循環における収益の認識、販売基準、生産基準 
11.売上高と売上債権(2)
   回収基準、売上債権
12.棚卸資産と売上原価(1)
   棚卸資産の範囲と区分、棚卸資産の取得原価、棚卸資産の原価配分
13. 棚卸資産と売上原価(2)
   払出単価の決定、棚卸資産の期末評価
14.有形固定資産と減価償却(1)
固定資産の範囲と区分、有形固定資産の取得原価、減価償却
15.有形固定資産と減価償却(2)
   固定資産の期末評価、リース会計
 
授業運営 Course Management
 毎回のテーマについてレジメを作成することを求め、レジメに基づいて報告を求める。その報告に基づいて、テーマに関する論点や問題点について講義し、ディスカッションをして理解を深める。
 
評価方法 Evaluation Method
 主として、毎回のレジメの提出およびその内容、またディスカッションへの参加度・貢献度によって評価する(70%)。また学期中に小レポートの提出を求め、それも評価対象に含める(30%)。講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜・木曜の昼休み時間に研究室(1号館622研究室)へ。講義終了後、その場で受け付ける。メールでも受け付ける。また別途、面談を望む場合には、その旨を伝えてほしい。メールアドレスは次のとおり。okamuk01@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
桜井久勝『財務会計講義』第16版[中央経済社]2015年


 
 
 
[前へ戻る]