[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生産技術特論
Manufacturing Engineering
 担当者
 Instructor
准教授 松本 光広  後学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①材料の特性や加工法について知ること、②製品の設計と製作における自動化について学ぶこと、③本講義で得た知識、知見によって生産工程での実用的技術の能力を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 この講義では、配布した資料に沿って、生産の流れ、製品設計に必要なCAD、CAM、そして生産工程での自動化などの生産技術を押さえていく。そのために製品作りに必要な工業材料、材料の特性、工作機械、加工法、産業機械についても講義する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は次のように予定している。なお進捗状況により内容は前後する。
 配布資料に目を通したうえで出席していることを前提に講義するので、予習として、各回のキーワードを事前に調べてくること。また復習としては、講義時に得た知見を身近な物の生産に当てはめて考察してみること、及び周辺科目(自動化要素技術、先端製品製作技術等)における関連項目について併せて学んでおくことを勧める。

1. ガイダンス/生産技術の概要
  シラバスの記載事項について確認して、生産技術の概要について学ぶ。
2. 生産の流れ
  設計、材料加工、CAD・CAM・CAEの役割、生産管理、品質管理、環境への対応について学ぶ。
3. 工業材料
  鉄鋼材料、非鉄金属材料、機能性材料、複合材料について学ぶ。
4. 材料特性
  材料の力学的特性、ならびに加工との関係を学ぶ。
5. 金属材料の加工特性
  主な工業材料である鉄鋼材料、非鉄金属材料についてその構造や性質、ならびに生産加工との関係を学ぶ。
6. 表面状態とトライボロジー
  金属の表面構造、摩擦、潤滑などを学び、生産加工において生じる現象を理解する。
7. 素材の製造
  鋼を中心に、精錬から圧延、押出し、引抜きに至る製造技術を学ぶ。
8. 中間試験および解説
  ここまでの内容について試験(60分)を実施し、終了後に試験についての解説を行う。
9. 工作機械
  生産に使われる主な工作機械の特徴と機構について学ぶ。
10. 材料の生産加工①
  鋳造加工について学ぶ。
11. 材料の生産加工②
  塑性加工について学ぶ。
12. 接合加工
  複数物体を一体化する接合技術について学ぶ。
13. 機械加工の自動化システム
  数値制御工作機械、マシニングセンタ、工作機械の適応制御、工具寿命、生産におけるコンピュータ利用について学ぶ。
14. まとめ
  本授業の内容について、まとめる。
15. 最終試験および解説
  本授業の内容について試験(60分)を実施し、終了後に試験についての解説を行う。
 
授業運営 Course Management
 講義は、配布資料および視聴覚教材を用いて実施する。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業中のミニレポート40点、中間試験30点、最終試験30点の配分で採点する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問や相談等は、授業終了後にその場で受け付ける。
 メールでの質問や相談等は、随時、受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
 適宜プリントを配布する。
参考書 Book (s) for Reference
 授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]