[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営工学総論
Industrial Engineering and Management
 担当者
 Instructor
教授   片桐 英樹  後学期 月曜日3時限
教授   中島 健一  後学期 月曜日3時限
准教授 高野倉 雅人  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①企業におけるマネジメントの考え方、歴史への理解を行う、とともに、②企業全体と個々のシステムの概要とその管理技術の基礎理論と実務への活用法を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 本講義は、約100年の歴史をもつ経営工学の基礎理論について概説し、今後学ぶべき専門分野の入門的役割を果たす。また、近年の経営に関わるマネジメントシステムは、情報通信技術やソフトウェアにも大きく依存しつつあり、本講義ではこの高度情報化社会に向けたIT経営時代を迎えている中での、それらへの基礎事項についても与えている。
 また、経営工学に関わる実務家による講師を迎え、実践の場における経営工学手法の活用事例について学習する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は、以下のように予定している。講義は教科書に基づいて行うので、各自は事前の予習と、事後の復習など、準備学習に努めてほしい。予習では、①該当箇所を予め読んでくること、②分らない用語や手法等については、自分なりに調べてみること、の2点が不可欠である。また、復習では、講義時に示した考え方や手法、演習項目などでの重要な点を確認・整理してみること、及び、専門開講科目における導入科目としての確認をしておくことが重要である。

1.序論 経営工学の学問体系と管理技術
2.生産・品質管理システム(1) ものづくりとQCD
3.生産・品質管理システム(2) 品質管理と改善
4.生産・品質管理システム(3) 自動車産業における実務事例
5.ものづくりと技術(1) 技術者倫理
6.ものづくりと技術(2) 安全とリスク
7.ものづくりと技術(3) 企業の社会的責任
8.中間試験と解説
9.評価と意思決定(1) 階層化意思決定法
10. 評価と意思決定(2) 損益分岐点分析
11.評価と意思決定(3) 包絡分析法による効率性評価
12.実務家による事例研究(1) インダストリー4.0時代の製造業の方向性
13.実務家による事例研究(2) 新製品開発の実践プロセス
14.実務家による事例研究(3) 企業におけるチームマネジメント
15.本講義の総括 確認試験と解説
 
授業運営 Course Management
教科書にそって講義を進めるので、毎回、忘れずに教科書をもってくること。
 
評価方法 Evaluation Method
定期等試験60%、レポート等40%の割合で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で質問等を受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
中島健一 編著『経営工学のエッセンス』[朝倉書店]2012


 
 
 
[前へ戻る]