[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英米文学特殊講義A2
Lectures in Anglophone Literature A2
 担当者
 Instructor
教授   村井 まや子  後学期 木曜日5時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
欧米言語文化専攻のカリキュラム・ポリシーに従い、以下を到達目標とする。
外国語学研究科欧米言語専攻のカリキュラムポリシーにしたがい、以下の目標の到達を目指します。
1. 英語で書かれた文学作品および批評文の読解力を養います。
2. おとぎ話の研究手法と文学批評理論の基礎知識を身につけます。
3. 修士論文の作成に必要な学術論文の書き方を身につけます。
4. 作品が生み出された文化的・社会的背景についての基本的な知識を獲得し、国際的教養を身につけます。
 
授業内容 Course Content
この授業では、挿画、テレビ、映画、演劇など、十九世紀から現代までのさまざまなメディアにおけるおとぎ話の変容について分析します。精神分析理論やフェミニズムなどの視点から書かれた英語のおとぎ話批評の読解を通して、おとぎ研究の方法論について学び、自らの視点で分析を行います。
 
授業計画 Course Planning
毎回の授業で発表担当箇所の予習が必要となる。あわせて授業で学んだ内容を踏まえて各自で課題論文の準備を進めることが求められます。

1: シラバス記載事項の確認。Childish Things: Pictures and Conversations 1
2: Childish Things: Pictures and Conversations 2
3: Summary and Discussion
4: On the Couch: House Training the Id 1
5: On the Couch: House Training the Id 2
6: Summary and Discussion
7: In the Dock: Don't Bet on the Prince 1
8: In the Dock: Don't Bet on the Prince 2
9: Summary and Discussion
10: Double Vision: The Dream of Reason 1
11: Double Vision: The Dream of Reason 2
12: Summary and Discussion
13: On Stage and Screen: States of Illusion 1
14: On Stage and Screen: States of Illusion 2
15: Oral presentation and Discussion
(進行状況によって授業計画は変更となる場合があります。)
 
授業運営 Course Management
前期に引き続きMarina WarnerのOnce Upon a Timeを読み進めるとともに、各自が選んだ研究課題について20分間の口頭発表を行い、発表内容について受講者全員でディスカッションを行います。
発表をもとに書き直した論文を学期末に提出して添削を受けます。
 
評価方法 Evaluation Method
発表: 30%、ディスカッションへの参加: 30%、論文: 40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業前後の教室および水曜日の昼休み
研究室:20号館422号室
 
使用書 Textbook (s)
Marina Warner,Once Upon a Time: A Short History of Fairy Tale,Oxford University Press,2014年

参考書 Book (s) for Reference
授業内で紹介する
 
 
 
[前へ戻る]