[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英米文化特殊講義B1
Lectures in Anglophone Cultures B1
 担当者
 Instructor
教授   ウィリアム・マコウミ  前学期 火曜日4時限/水曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 十九世紀後半の近代化・世俗化の進む中で、西洋人が見たり研究した明治日本の総合理解を深めること。各履修者は本授業の議論に積極的に参加し、自らの勉強や努力によって、その目標になるべく近づくことを目指す。
 
授業内容 Course Content
 本授業は十九世紀後半のアメリカ、またはイギリスの明治日本への旅人の記録の講読や評価を主なテーマとする。かれら西洋人としての明治日本と東洋の諸国に対する見方や意見を様々な観点から分析、評価する。履修者は教師と相談した上で、文献を検索し、自分の研究テーマを選ぶ。
 
授業計画 Course Planning
1. オリエンテーション、個人研究テーマの検討
2, 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
3. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
4. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
5. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導-
6. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
7. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
8. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
9. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
10. 使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
11.使用書などの資料の講読と協議、分析と評価;履修者の個人研究への指導
12. 個人研究中間発表と協議・評価
13. 個人研究中間発表と協議・評価
14.個人研究中間発表と協議・評価
15.まとめと夏休みの研究計画

 
授業運営 Course Management
 使用書の講読とともに、個人研究テーマの設定を支援し、必要な文献を講読、発表への指導をする。授業は主に英語で行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業への出席や参加、研究への取り組みと内容、発表などを総合して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
By appointment
 
使用書 Textbook (s)
Percival Lowell,The Soul of the Far East,1888


 
 
 
[前へ戻る]