[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語教育特殊講義A1
Lectures in English Language Education A1
 担当者
 Instructor
教授   石黒 敏明  前学期 金曜日4時限/土曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 欧米言語文化専攻のカリキュラム・ポリシーに従い、以下を到達目標とする。
「言語習得」を一貫テーマとしてかかげ、理論と実践の両面から第二言語習得過程を検証する。
 さらに本講義で学んだ習得理論を中高等学校の現場で応用できる実践能力を高めることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 最近の言語習得理論について、隣接諸科学、特に心理言語学、社会言語学の研究成果について言及しながら、全体像を追及してゆく。具体的内容として、第二言語習得研究の歴史、第二言語習得過程(形態素・音素・語彙・統語など)、さらに種々の習得モデルを扱い、将来外国語としての英語を担当する者にとって有益かつ必須な情報を提供する。なお、「予習課題」は、次週のテーマに関する資料を読みこむこととする。
 
授業計画 Course Planning
本講義の主なる課題。
第1週:シラバス記載事項について確認。学習指導要領と言語習得(言語能力、コミュニケーション能力)
第2週:第一言語習得研究の変遷(母語習得)
第3週:第二言語習得研究の変遷I(誤り分析:対照分析、誤答分析)
第4週:第二言語習得研究の変遷II(パフォーマンス分析:研究方法、習得の順次性)
第5週:形態素の習得(1)(習得順序とその要因)
第6週:形態素の習得(2)(研究方法と諸問題)
第7週:音韻の習得(1)(音声知覚と発音、知覚と発音の関係)
第8週:音韻の習得(2)(習得度に影響を及ぼす要因:神経生理学的要因、社会心理的・情緒的要因)
第9週:語彙の習得(言語転移:ケラーマン)
第10週:統語の習得(習得段階:否定文、疑問文、関係代名詞)
第11週:習得モデル(1)(インプット仮説:ノン・インターフェイス立場)
第12週:習得モデル(2)(その後の仮説:インターフェイス立場)
第13週:習得モデル(3)(可変性理論)
第14週:習得モデル(4)(応化理論、文化変容理論)
第15週:テストと解説
 
授業運営 Course Management
 本講義では、受講者に原書を音読してもらい、解説を加えながら文献をより正確に理解できるよう努める。また、内容に関する討論への参加も重視する。
 さらに学期末には、各自興味のある分野に関するレポートを提出してもらう。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業内における討論の内容(50%)および最終授業に提出するレポート(50%)により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 20号館417 金曜日 12:00~13:00
 

参考書 Book (s) for Reference
 後日提示する。
 
 
 
[前へ戻る]