[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
情報セキュリティ特論
Information Security
 担当者
 Instructor
教授   木下 宏揚  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 情報セキュリティの基礎となる暗号、認証の原理を理解し、さまざまな暗号応用システムを習得する。
 
授業内容 Course Content
 情報通信の分野において重要な要素である情報セキュリティの基礎と応用について述べる。
 前半は、主に基礎となる暗号理論について、後半は、暗号理論を応用したセキュリティシステム、画像情報のセキュリティ、コンピュータネットワークやデータベースシステムにおけるアクセス制御理論などについて講義を行なう。
 情報処理工学の基礎知識を修得していることを前提として、講義を行う。履修者は、学部における講義科目情報処理工学、情報処理工学を修得していることが望ましい。
 
授業計画 Course Planning
1.シラバスの記載事項について確認する。通信ネットワークの基礎とコミュニケーション
 通信プロトコルやコミュニケーションのメディアについて復習する。
2.情報セキュリティの基礎
 整数論など暗号理論に必要な基礎知識と暗号の基礎を学習する。
3.DESなどの慣用暗号
 暗号方式のうち慣用鍵方式について学習する。
4.RSAなどの公開鍵暗号 
 公開鍵暗号方式の原理と代表的な公開鍵暗号について学習する。
5.ID暗号 
 ID暗号の利点と原理について学習する。
6.認証とデジタル署名 
 公開鍵暗号を応用したデジタル署名について学習する。
7.ゼロ知識相互証明
 ゼロ知識相互証明の原理と代表的な方式について学習する。
8.画像情報に対する暗号 
画像情報の暗号化やスクランブルの手法を学習する。
9.電子透かし、ステガノグラフィ
電子透かしの原理や代表的な構成法について学習する。
10.電子マネー、電子投票などの応用システム 
電子商取引や電子政府に必要なシステムについて学習する。
11.データベースとアクセス制御 
意図しない情報漏えいの原因となるカバートチャンネルの解析と防止法について学習する。
12.インターネットのセキュリティ 
バッファオーバフローなどセキュリティホールの基礎や侵入検知について学習する。
13.情報化と社会
インターネットの普及に伴う社会的な問題点について学習する。
14.著作権と知的財産権
著作権や知的財産権のうちネットワークに関連が深い項目について学習する。
15.情報モラル
各回に関するテーマについて開講時に指定する資料を用いて予習しておくこと。また復習として各回のテーマについて関連する論文などを調査しまとめること。

 
授業運営 Course Management
 洋書の専門書を用い討論を行いながら理解を深める。マルチプレシジョンの整数演算を用いたRSA暗号の暗号化と復号化など、以上の項目については適宜、計算機を使った演習を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 出席50%以上を評価の対象とし、レポートと授業時のプレゼンテーションにより、基本的な暗号方式の原理を理解できていれば合格する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日 11:00~12:30 居室23-626 研究室23-623
 kino@kanagawa-u.ac.jp
 

参考書 Book (s) for Reference
 Bruce SCHNEIER,Applied Cryptography,WILEY

 
 
 
[前へ戻る]